FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP野球 ≫ 久保裕也のサイドスローは止めた方が良いと思う

久保裕也のサイドスローは止めた方が良いと思う

巨人の久保裕也がサイドスローを試しているらしい。
久保の自己判断らしいが、止めた方がいいって!

コントロールが悪い投手ならまだしも、久保は決してそんな事はない。フィニッシュになると突如甘くなるのは事実だけど。

何より、久保の持ち味である七色の変化球が、サイドスローになればおそらく3・4種程度になる。回転の掛け方に、サイドだと限界があるからね。球速も140キロそこそこに落ちるだろう。

同タイプの吉武加入による危機感からの発想らしいが、久保よ、悩みすぎだ!!!



考えすぎてるから、いつも迷った挙句、中途半端な投球しかできてないじゃないか。能力は高いんだから、思い切ってビシビシ強気に攻めろ!それだけで勝てるはずだ!

久保はルーキーイヤーの先発時が一番良い投球をしていた。リリーフ時と違い、多少の失点が許されるせいか、大胆な攻めができていたし、事実、好結果を残していた。

そう、要するに"自分のピッチング"ができていたのだ。

しかし年々、リリーフ起用が強まるにつれて、走者を出す不安に飲まれ、投球は縮こまるばかり。

サイドスローだって考えすぎるあまり、答えが変な方向に行ってしまっている。久保よ、気付け!自分の可能性を狭めているだけだぞ!

久保裕也よ、自分を信じて思いっ切り投げろ!

Comment

編集
苦し紛れにサイドスローにすると大抵成功しない気がします。
そういえばその昔、小野のサイドスローはいい考えに思えたけど、結局だめだったね。。。
2007年02月09日(Fri) 22:52
編集
コントロールが悪い投手がサイドにするのは分かるんだけど、久保はそういうタイプじゃないからね~。何より、右投手の場合は左打者、左投手の場合は右打者と対戦しづらくなるのが痛い。例外は実力が飛び抜けていた、斎藤雅樹ぐらいだよね。
2007年02月10日(Sat) 03:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

サイドスローとは
サイドスローサイドスローとは、野球の投手の投法のひとつ。横ななめ投げのこと。投手がボールを手から離す(リリース)ときに、ボールを持っていた手が水平になっている場合、この投法をサイドスローと呼ぶ。ちなみに「サイドスロー」とは和製英語で、sidearmed pitchが正
2007年02月11日(Sun) 00:32
サイドスローとは
サイドスローサイドスローとは、野球の投手の投法のひとつ。横ななめ投げのこと。投手がボールを手から離す(リリース)ときに、ボールを持っていた手が水平になっている場合、この投法をサイドスローと呼ぶ。ちなみに「サイドスロー」とは和製英語で、sidearmed pitchが正
2007年02月11日(Sun) 13:05