FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2019年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年08月
TOP野球 ≫ WHIPとは上原のためにある言葉、K/BBとは上原のためにある言葉、鋭利精密のエース、外角低目の支配者、上原浩治投手引退

WHIPとは上原のためにある言葉、K/BBとは上原のためにある言葉、鋭利精密のエース、外角低目の支配者、上原浩治投手引退

僕が見てきた中で最もコントロールが良い投手、上原浩治投手が引退となりました。

あのアウトローギリギリを「突く」んじゃなくて、「かすめ取って」、打者が手が出ず、見逃し三振。あれは上原投手ならではの、巨人ファンとしては「決まったあ!」と言いたくなる、上原投手の得意技ならぬ特異技でした。

一人だけ異次元の制球力のため、WHIPとK/BBと言う指標は、上原浩治投手のために存在しているかのようでしたね……。

・球速表示以上に威力のあるストレート
・コントロールが良い
・少ない球種をアレンジして組み立てるピッチングスタイル
・ピンチの時にギアが上がる、ペース配分の上手さ
・三振を獲る、打たせて獲る、の両方ができる投球の巧さ
・勝つ投球、負けない投球、の両方ができるゲームメイクの上手さ
・だから勝率が高い
・ストライク先行の投球のため無駄球が少ない
・だから完投数が多い
・だから試合時間も短い


と言う特徴は、江川卓投手、斎藤雅樹投手とも共通する、いかにも「巨人のエース」らしいエースでした……。短い試合時間で終わるのは、「アッサリ相手を片付けた」感が強まって、カッコ良いなあと思うんですよね。

ちなみにこれらの特徴の多くは、現巨人のエースの菅野智之投手にもしっかり受け継がれていますね。

そして何より、上原投手は国際試合無敗と言う大記録が光る!

よく言われる第1回WBC準決勝での鬼気迫る快投は、僕にとっての上原投手のベストピッチ。1989年日本シリーズ第4戦、香田勲男投手の完封勝利とともに、巨人ファンとしては最高にしびれるシーンでした。

他にも僕にとって、上原投手の印象的なシーンはたくさんあります。その中の一つに、2001年の斎藤雅樹、槙原寛己、村田真一の引退試合があります。


1999年、ルーキーだった上原投手は投手タイトルを総なめにしましたが、その後の2000年と2001年は2桁勝利するかしないかで、エースと呼ぶには頼りない成績。ストレートにキレがなくシュート回転も見られ、フォークの多投で何とか凌ぐケースもしばしば。ルーキー時と比べて投球が雑になるシーンも目立ちました。

そして前述した、斎藤雅樹、槙原寛己、村田真一の引退試合。上原投手は8回からリリーフ登板するものの、1イニングを4安打4失点の不甲斐ない出来。せっかくの引退試合なのに、巨人は敗戦。

試合終了後の引退セレモニーにて、斎藤雅樹投手に花束を贈呈する役を担ったのは上原投手。大投手の引退が悲しいのか、打ち込まれた自分が情けなかったのか、それともその両方か、上原投手は号泣しておりました。

僕はその号泣する上原投手を見て、「来年の上原はやってくれそうだぞ」と、上原投手が一皮剥ける予感がありました。

その予感どおり、2002年からの上原投手はシュート回転のストレートがなくなり、フォーシームで美しい回転の伸びのあるストレートが復活。そして、多少打ち込まれても集中力が切れず、投球に粘り強さが出てきた。上原投手は3年連続でタイトルを獲得。名実もにエースとなりました。

2007年はクローザーとして活躍。1イニング限定などと言うケチな事はなく、またセーブがつかない場面でも、ピンチに登板してはチームを救うその姿は、リリーバーながらも、まさにエースでした。

なお、2001年に斎藤雅樹投手はリリーフとして5連投しており、その姿に上原投手は感動したと語っておりました。斎藤投手のエース魂も、上原投手は受け継いだんですね。

その後のメジャーリーグでの大活躍も嬉しかったです。でも欲を言えば、メジャーリーグでは先発としても結果を出して欲しかったなー、と言う本音もあったりします(笑)。

あと上原投手は巨人入団前の報道で、「150キロストレートを誇る」とマスコミに言われていましたが、上原投手は「自分のMAXは147キロです」と、その報道を自ら否定。ルーキー時から、言いたい事ははっきり言う、上原投手のマスコミ対応も印象的です(笑)。

もう一つ、上原投手は被本塁打が多い事で知られますが、ルーキー時はそうではなく、打球が上がってもフェンス前でことごとく失速し、フライアウトとなるケースが多かったです。
上原投手のストレート球速は140キロそこそこですが、このルーキーイヤーだけはしばしば145キロ以上を計測しており、やはりこの年が一番球威があったんでしょうね。ですので、巨人を経てメジャー入りではなく、大卒からそのままメジャーリーガーとなる、上原投手の別の歴史が見たかったな、とも思いますね。実際、大学生時にエンゼルスをはじめ、メジャー4チームから誘いがあったのは、よく知られていますから……。

上原浩治投手、お疲れさまでした。素晴らしい大活躍、ありがとうございました!

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL