山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP靴・服飾 ≫ Sartoria Solito and Sartoria Leonardi in Napoli(ナポリのサルトリア・ソリートとサルトリア・レオナルディ)

Sartoria Solito and Sartoria Leonardi in Napoli(ナポリのサルトリア・ソリートとサルトリア・レオナルディ)

ジェンナーロ・ソリートさん作業中

【Sartoria Solito(サルトリア・ソリート)】
住所:Via Toledo, 256, 80132 Napoli
価格:ビスポーク・スーツ、2,800ユーロ~。ビスポーク・シャツ、230ユーロ~。

ビスポーク・スーツ、仮縫い3回、3ヶ月で完成。ビスポーク・シャツ、仮縫い1回、1ヶ月で完成。英語可。


ソリートさん親子

45年生まれのGennaro Solito(ジェンナーロ・ソリート)さんと息子さんのLuigi(ルイージ)さん。ルイージさんで三代目テイラーと言うのは、よく知られていますね。


サルトリア・ソリートの芯地

芯地は台芯とバス毛芯による二重が基本仕様で、お客さんの要望や体型によっては、さらにフェルトを乗せる事もあるそうです。


ジェンナーロ・ソリートさんのパターン

ピロッツィさんと同様に、ソリートさんもやはりパターンを作らず、直接生地にパターンを書き込んでいました。ダーツの取り方も他のナポリのサルトリアと同様で、フロントダーツを裾まで貫通させる事でジャケット後方にスペースが作れ、結果、前にも窮屈さがなくなるとのご説明でした。




サルトリア・ソリートの店内

縫い糸、ボタンホール、ボタン付、全てシルク糸を使用です。シャツの縫製とボタン付はコットン糸で、ダブルスティッチをかける際の二本目の縫い糸とボタンホールにはシルク糸を使用との事でした。


サルトリア・ソリートの店内

店内の様子です。




サルトリア・レオナルディの工房

【Sartoria Leonardi(サルトリア・レオナルディ)】
住所:Via Capuozzo 38, 80125 Napoli
価格:ビスポーク・スーツ、1,300ユーロ~。ビスポーク・シャツ、150ユーロ~。

ビスポーク・スーツは仮縫い2回、30日で完成。ビスポーク・シャツは仮縫い1回、30日で完成。


アントニオ・レオナルディさん

81年生まれで三代目当主のAntonio Leonardi(アントニオ・レオナルディ)さん。お店はお祖父様であるVitale(ヴィターレ)さんが1920年に創業されたそうです。


ヴィンチェンツォ・レオナルディさん

そして、お父様のVincenzo(ヴィンチェンツォ)さんも現役の職人さんです。


サルトリア・レオナルディのサンプル

他のナポリのサルトリアと同じく、縫い糸、ボタンホール、ボタン付には、全てシルク糸を使用です。ナポリ以外のテイラーでしたら、ボタン付にはコットン糸や麻糸(日本では麻糸が多いですね)、またはポリエステル糸を使うケースが多いですが、ナポリではシルク糸が多く、これもナポリの服の特徴と言えそうです。

なお、シャツについてはカットまでご自身で行い、縫製は別の職人さんが行うそうです。そして、手縫いはシルク糸、ミシン縫いはポリエステル糸を使用です。


サルトリア・レオナルディの芯地

ここでも芯地は台芯とバス毛芯による二重が基本仕様で、肩には切込みを入れておりますね。


サルトリア・レオナルディの手縫い

他のナポリのサルトリアと同様に手縫いが多く、トラウザースも手縫いですね。


サルトリア・レオナルディのサンプル

そしてナポリらしい、爽やかな雰囲気漂うジャケット。


Super180'sの生地

Super180'sの超高番手ウールによるスーツも仕立てておりました。芯地を薄く仕上げているだけに、こう言った繊細な生地とも相性が良いですね。


サルトリア・レオナルディ

店舗の外観です。


※情報はいずれも、僕が訪問した2015年6月4・6日時点のものです。
※17年2月17日5時35分、記事に加筆を行いました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL