山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOPスポンサー広告 ≫ Sartoria Ciardi in Napoli(ナポリのサルトリア・チャルディ)TOP靴・服飾 ≫ Sartoria Ciardi in Napoli(ナポリのサルトリア・チャルディ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Sartoria Ciardi in Napoli(ナポリのサルトリア・チャルディ)

サルトリア・チャルディの工房

【Sartoria Ciardi(サルトリア・チャルディ)】
住所:Via Giuseppe Fiorelli, 12, 80121 Napoli
価格:ビスポーク・スーツ、2,500ユーロ~。ビスポーク・シャツ、200ユーロ~。

ビスポーク・スーツ、仮縫い2回、1-2カ月で完成。ビスポーク・シャツ、仮縫い1回、20日で完成。英語は少し可能です。


チャルディさんファミリー

中央が34年生まれでナポリの伝説的サルトリア、アンジェロ・ブラージで修行された、創業者のRenato Ciardi(レナート・チャルディ)さん、左が息子さんで僕が伺った当時は50歳のVincenzo(ヴィンチェンツォ)さん、右がその弟さんで、僕が伺った当時は47歳のRoberto(ロベルト)さん。お三方ともに職人さんです。


サルトリア・チャルディの工房

工房の様子です。縫製はナポリのスーツらしく、シルク糸による手縫いの箇所が多いですが、一部ミシンを使う場合はコットン糸を使用です。



レナート・チャルディ親方

80歳を超えて、なお現役のレナートさん。手縫い作業に勤しんでおられました。


チャルディの息子さん

息子さんたちも職人さんで、しっかり技術継承が行われていますね。


チャルディの職人さん

他にも職人さんがおります。


サルトリア・チャルディの職人さん

まとめ作業中でして、ボタンホールとボタン付もシルク糸を使用しておりました。


サルトリア・チャルディのダーツ

やはり、ナポリらしいダーツ取りですね。


チャルディの台芯

台芯に使われる100%リネン生地でして、これをお客さんの体型に合わせてカットして使用します。もちろん、出来合いの芯地は使いません。


サルトリア・チャルディの芯地

芯地は前出の100%リネンの台芯にバス毛芯を乗せ、さらに柔らかいタイプのフェルトも乗せる、三重構成だそうです。


サルトリア・チャルディの芯地肩の部分

肩の当たる箇所にはハ刺しは入れずに切れ込みを入れる、他のナポリのサルトリアでも見られる仕事ですね。


サルトリア・チャルディの襟芯

襟芯は台芯とは違う麻素材を使用です。なお、ハ刺しもシルク糸です。


サルトリア・チャルディの手縫い

トラウザースも手縫いが多いですね。お尻中央のスティッチはコットン糸を使うテイラーも多いですが、チャルディさんはその箇所もシルク糸だそうです。これは、テイラーごとの考え方の違いが伺えますね。


チャルディのカラーステイ

ビスポーク・シャツのカラーステイは一般的なプラスティック製ではなく、マザー・オブ・パール製と高級感ありますね。シャツの縫製はポリエステル糸で、ボタン付とボタンホールはシルク糸だそうです。やはりナポリのハンドメイド・シャツにおいて、コットン以外の糸を使用するのは普通のようです。


サルトリア・チャルディのサンプル

ビスポーク・スーツのサンプル。


サルトリア・チャルディの雨降り袖

もちろん、ナポリらしく雨降り袖ですね。


サルトリア・チャルディのサンプル

肩幅は狭めが多く、「狭い方が腕が動かしやすい」とお話されていました。


サルトリア・チャルディのサンプル

ただ、こちらのサンプルは肩幅を広めにとってありますね。


サルトリア・チャルディの店内

店内の様子です。


サルトリア・チャルディの店内


サルトリア・チャルディの店内


サルトリア・チャルディの店内


レナート・チャルディ親方の銅像

レナートさんの銅像も飾られていました。



サルトリア・チャルディの入口

お店の入口です。



※情報はいずれも、僕が訪問した2015年6月3日時点のものです。
※17年2月4日17時55分、記事を一部修正しました。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。