FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2018年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年10月
TOP靴・服飾 ≫ Enzo Bonafè and Fili Sergio in Bologna(ボローニャのエンツォ・ボナフェとフィリ・セルジョ)

Enzo Bonafè and Fili Sergio in Bologna(ボローニャのエンツォ・ボナフェとフィリ・セルジョ)

エンツォ・ボナフェのショールーム

【Enzo Bonafè(エンツォ・ボナフェ)】
住所:Via Augusto Pollastri, 4, 40138 Bologna


エンツォ・ボナフェさん

僕が伺った当時、80歳でなお現役職人であるEnzo Bonafè(エンツォ・ボナフェ)御大に驚きました!ラストとパターン担当をしており、奥様もパターン担当の現役職人さんです。

工場内は撮影不可だったのですが、よく言われるとおり手仕事の割合が多く、アッパー革の裁断、釣り込み、掬い縫い、ノルヴェジェーゼスティッチはハンドでした。
月型芯はレザーで、先芯はいくつかの素材を使い分けしておりました。フィラーはゴムとスポンジのような素材で、防水効果があるとのお話でした。シャンクはメタル。ラストは全てプラスティックです。


エンツォ・ボナフェさんの息子さん

工場をご案内して下さった、エンツォさんの息子さんであるMassimo(マッシモ)さん。


エンツォ・ボナフェのサンプル

ショー・ルームにあったサンプルは膨大で、作成可能な製法が、ハンドソーン・ウェルテッド製法、マッケイ製法、ウェルテッド製法に踏まず部分だけマッケイ製法、ボロネーゼ製法、ノルヴェジェーゼ製法、トゥボラーレ製法と多様なのが強みです。




エンツォ・ボナフェのサンプル

ラストの形状も豊富です。


エンツォ・ボナフェのサンプル

一番左の靴のようにレベルソ仕立ても行っておりますね。右のボタンアップブーツのボタン付けやボタンホールのかがりは手縫いでした。


エンツォ・ボナフェの入口

社屋兼工房の入口です。




フィリ・セルジョさん

【Fili Sergio(フィリ・セルジョ)】
住所:4 Piazza Roosevelt Franklin Delano, Bologna
価格:ビスポーク・スーツ、1,200ユーロ~+生地代。

仮縫い2回、4-5週間で完成。英語不可。僕がイタリア語を話せないため、価格と納期については、間違えている可能性もあります。ご了承下さい。店主のFili Sergio(フィリ・セルジョ)さんは、僕が伺った当時、73歳でした。


フィリ・セルジョさんのビスポーク・サンプル

ビスポーク・スーツのサンプルで、細腹は取らないのが基本仕様です。そして、仕立てに使用するアイロンの中には、7kgとかなり重量のある物もありました。


フィリ・セルジョさんのお店があるビル

お店はビルの一室にあり、そのビルの入口です。



※情報はいずれも、僕が訪問した2015年5月25日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL