山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP靴・服飾 ≫ Schnieder Boots in London and Ducker & Son in Oxford(ロンドンのシュニーダー・ブーツとオックスフォードのダッカー&サン)

Schnieder Boots in London and Ducker & Son in Oxford(ロンドンのシュニーダー・ブーツとオックスフォードのダッカー&サン)

シュニーダー・ブーツの店内

【Schnieder Boots(シュニーダー・ブーツ)】
住所:16 Clifford St, London
価格:ロングブーツのMTM、ハンドメイドで2,995£~、マシンメイドで1,850£~。ジョッパー・ブーツのMTMは、ハンドメイドで1,550£~、マシンメイドで995£~。いずれもVAT抜価格。

3か月で完成で、自己測定による注文も受け付けています。ビスポークはないそうです。1907年創業の老舗で、英国でのオリンピック乗馬チームのブーツを手がけていた事で知られるブーツメイカーです。


ルドルフ・シュニーダーさん

シュニーダー・ブーツの三代目当主であるRudolf Schnieder(ルドルフ・シュニーダー)さん。


シュニーダー・ブーツのショートブーツサンプル

甲のラインが美しい、シュニーダー・ブーツのジョッパー・ブーツは日本でも人気がありますね。「ジョッパー・ブーツは色はチェスナットがトラディショナルだ」とルドルフさんのご説明でした。なお、靴の内部はスティールシャンクと練りコルクで、これは同じくブーツメイカーのホレス・バタンとも似ていますね。


シュニーダー・ブーツのロングブーツサンプル


シュニーダー・ブーツのロングブーツ

馬具のお店なので、乗馬用のロングブーツも豊富に揃います。「ライディング・ブーツは安全性も重要なため、頑丈に作る」との事でした。



シュニーダー・ブーツのレディース服

乗馬用服をはじめ、ウェアも充実しています。他にも、サドルなどの馬具や鞄や財布、ベルトと言った革小物の取り扱いもあります。なお、上画像は両方ともレディースです。




ダッカー&サンの店舗

【Ducker & Son(ダッカー&サン)】
住所:6 Turl Street, Oxford
価格:ビスポーク・シューズ、1,500£~。

14-30週間で完成。MTOと修理も受け付けています。1898年創業の老舗で、ジョージ・ケンブリッジ侯爵、ドイツ軍のエース・パイロットであるマンフレート・フォン・リヒトホーフェン、「指輪物語」著者のJ・R・R・トールキン、ローワン・アトキンソンも顧客だったそうです。


ダッカー&サンのオーナー

現当主で僕が伺った際は70歳の、Bob Avery(ボブ・エヴリー)さん。


ダッカー&サンのビスポークサンプル

ビスポーク・シューズのサンプルです。オーセンティックなエッグトウですね。


ダッカー&サン既成靴

ビスポーク・シュー・メイカーではありますが、メインビジネスは既成靴のようで、店内は既成靴が多く置かれています。


ダッカー&サンの既成靴


ダッカー&サンの既成靴

既製靴はノーサンプトン製で、価格は335-375£ほど。いかにも英国靴と言った、合わせやすい、くせのないデザインですね。


ダッカー&サンの古いサンプルブーツ

老舗らしく、相当古そうなサンプルブーツ。


ダッカー&サンの古い顧客台帳

顧客台帳も分厚く、古めかしいですね。


ダッカー&サンの店内

店内の様子です。


ちなみに、このダッカー&サンのお隣は革製品のお店で、なんと日本人の方が勤めておりました☆。

※情報はいずれも、僕が訪問した2015年3月27日と4月1日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL