山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 仲谷昇さん、さようならTOP芸能 ≫ 仲谷昇さん、さようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

仲谷昇さん、さようなら

仲谷昇さんがご逝去された。

仲谷さんとは、21年前に「巨獣特捜ジャスピオン」にて、約9ヶ月ほど、いっしょに仕事をさせて頂いた。
とは言え、僕と出番が重なる事は少なく、年齢が大分離れているせいもあって、なかなかお話しできずにいた。

僕は昔、役者さんにもスタッフさんにも、積極的に話しかけるタイプだったのだが、仲谷さんとは何を話したらいいか分からなかったのだ。出番が重なれば、自ずと話す機会が出てくるのだけど……。

そのせいだろうか、仲谷さんの方から、僕に何度か話しかけて下さった。



僕が週刊少年ジャンプを読んでいた時の事。

「その葛飾区亀有公園前派出所っていうのは、ジャンプが創刊されてから、ずっとやってるんだよね」

本当は違うのだけれど、僕に合いやすい話題を選んで、わざわざ話しかけてくれたのだろうなと思う。その頃、「こち亀」は連載10周年を迎えていたのだ。

一番印象に残っているのは、「ボンタンアメ」をくれた事だ。
大泉学園にある東映撮影所のメイク室にて、その日の撮影が終わり、メイクを落として帰ろうとした僕。しかし、その時に仲谷さんに呼び止められて、「これあげるよ」と、「ボンタンアメ」を箱ごとくれたのだ。

「ボンタンアメ」は当時小学2年生だった僕にとって、パッケージデザインが古くさく、イマイチ食べたい気が起きなかったのだけれど、仲谷さんが下さったため、初めて食べる機会ができた。そして、これが予想に反して、美味しいのだ。オブラートに包まれているのも、不思議な触感で気に入った。
それ以来、僕は「ボンタンアメ」を食べるようになり、今でもたまに食べている………。

本当ならこういう話、お酒でも飲みながら仲谷さんと話したかった。僕の当時の横暴ぶりを謝りつつ。

仲谷昇さん、もう大分昔になりますが、その当時はお世話になりました。
現場では大分ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ありませんでした。そして、どうもありがとうございました。

ご冥福をお祈り致します。

さようなら。

Comment

編集
うっかりしてたあ。「ジャスピオン」に出演されてた~。

特撮班とはいえ、どこかで近くにいたはず。

仲谷昇さん、ご冥福をお祈りします。

2006年11月18日(Sat) 00:07
編集
そうです!仲谷さん、ジャスピオンの準レギュラーです~。最終回あたりから、仲谷さんの活躍シーンが多くなりました。戦闘シーン、カッコ良かったですね……。
2006年11月18日(Sat) 00:31
編集
メッセを有難う。
当時、新人だった私は、超ベテランの仲谷さんのオーラに圧倒されていました。威圧感とも言えるほどの迫力満点な存在感なんだけど、なかなかのスケベ親父的なお茶目具合が魅力的だったのを憶えています。

ご冥福をお祈りいたします。
2006年11月18日(Sat) 02:05
編集
仲谷さん、レギュラーキャストでは一番のヴェテランさんでしたよね。
僕は仲谷さんと、仕事した期間は長かったのに、話す事が少なかったのが、今思い返せば残念です……。
仲谷さんの魅力、僕もよく知っておきたかったです。
2006年11月18日(Sat) 02:26












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。