FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP靴・服飾 ≫ Gaziano & Girling factory in Kettering(ケタリングのガジアーノ&ガーリングの工場)

Gaziano & Girling factory in Kettering(ケタリングのガジアーノ&ガーリングの工場)

ガジアーノ&ガーリングの工場

【Gaziano & Girling factory(ガジアーノ&ガーリングの工場)】
住所:Premier Works, Balfour Street, Kettering, Northamptonshire

以前はノーサンプトンにあったガジアーノ&ガーリングの工場は、14年にノーサンプトン近郊のケタリングに移転。既製靴やMTOの製造だけでなく、ビスポークのラストとパターンメイキングも行われております。


ディーン・ガーリングさん

日本でもお馴染み、工場長のDean Girling(ディーン・ガーリング)さん。ご存知のとおり、元々は靴職人さんで、ハンドメイドシューズの職人さんが仕事の良し悪しを判断しているのは、ここのメイカーの強みと思いました。


ガジアーノ&ガーリングの既製ラスト

種類とサイズごとに分けて保管されている、既製靴用のラスト。ガジアーノ&ガーリングでも、サン・クリスピンと同様に、既製靴にはプラスティックラスト、ビスポーク・シューズには木製ラストと使用を区別しておりました。



ガジアーノ&ガーリングのクリッキングルーム

クリッキングは2名の職人さんが担当しておられました。


ガジアーノ&ガーリングのクリッキング

クリッキングは全て手作業で、抜き機は使わないそうです。


ガジアーノ&ガーリングの製甲ルーム

製甲ルーム。製甲は全員女性職人さんで、他メイカーでも女性が担当する事が多いですね。


ガジアーノ&ガーリングの製甲サンプル

製甲のサンプルがかけられており、作成の参考にされておりました。


ガジアーノ&ガーリングの製甲


ガジアーノ&ガーリングのエッジペイント

クリッキング後の革の断面は毛羽立っているので、その断面が目立たないように染色します。


ガジアーノ&ガーリングの先芯

アッパーが完成したら、芯を入れます。先芯は樹脂製です。


ガジアーノ&ガーリングの月型芯

月型芯は革で、湿らせた布でくるみ、柔らかくしてから使用していました。立体成形しやすくするための下処理ですね。


ガジアーノ&ガーリングの釣り込み下準備

芯を入れたら釣り込みです。釣り込み前にアッパー革を蒸らして柔らかくし、立体成形しやすい状態にしてから作業に入っておりました。画像では分かりにくいですが、湯気がもうもうと立っております。


ガジアーノ&ガーリングの仮釣り込み

まずはアッパーをラストに沿わせ、ハンドで針を打って仮止め。そして針金によってアッパーが引っ張られ、トウが重点的に釣り込まれます。一般的に、ドレスシューズでは古いタイプの機械の方が手間はかかる分、良い靴を作りやすいと言われますが、この釣り込み機械も古いタイプです。


ガジアーノ&ガーリングの仮釣り込み終了

釣り込み機での作業終了です。


ガジアーノ&ガーリングの釣り込み

続いて、踵用の釣り込み機にかけて、踵を成形します。


ガジアーノ&ガーリングのヒール釣り込み機

踵の成形が終わると、今度はこの機械にかけます。


ガジアーノ&ガーリングのヒール釣り込み

この機械に入れると、一瞬にして何本もの釘が踵に打ち込まれ、踵部分のアッパーが固定されます。踵の釣り込みと釘打ちをいっしょにやってしまう機械も他ではありますが、ここではそれぞれを別に行い、手間をかけていますね。


ガジアーノ&ガーリングの釣り込みを馴染ませています

小さい鉄棒からは熱波が出ており、これで革を温めて馴染ませていました。


ガジアーノ&ガーリングのウェルト

続いて、ウェルトを取り付けるつまみ縫いにかかりますが、そのウェルトはあらかじめ水に浸されており、柔らかくしてから使用していました。これも作業をしやすくする一手間ですね。


ガジアーノ&ガーリングのつまみ縫い

そして、つまみ縫いします。


ガジアーノ&ガーリングのウェルトトリミング

つまみ縫いを終えた後は、余っている分の革を断ちます。


ガジアーノ&ガーリングのウェルトハンマー

そして、ハンマーマシンでウェルトを上下から叩き、若干の波うちがあるウェルトを平らにし、剛性も高めます。この後、フィラーとシャンクが仕込まれて、出し縫いがかけられます。なお、フィラーは練りコルクです。


ガジアーノ&ガーリングのヒールパーツヒーティング

ヒールパーツは取り付ける前に温めて、接着剤が効きやすくします。


ガジアーノ&ガーリングのヒールプレス

そして、プレスマシンで圧着。その後、もちろん釘も打たれてヒールが固定されます。


ガジアーノ&ガーリングのウェルト仕上げ

コバを研磨。


ガジアーノ&ガーリングのヒール仕上げ

ソールも研磨。


ガジアーノ&ガーリングのコバ仕上げ

さらに、コバにコテをあてて滑らかにし、光沢も出します。


ガジアーノ&ガーリングのソールポリッシング

ソールの仕上げです。


ガジアーノ&ガーリングのポリッシング

そして、アッパーの磨きです。


ガジアーノ&ガーリングのポリッシュ一式

仕上げのポリッシュに使うのはワックスと水、「あとは唾だけさ」と担当職人さんがジョーク混じりに話していました(笑)。ただ、革のクリーニングにはエチルアルコールを使用です。


ガジアーノ&ガーリングのカラーサンプル

仕上げの参考に、カラーサンプルが置かれていました。


ガジアーノ&ガーリングのインソックス付

ようやくラストが抜かれ、インソックスを貼り付けます。


ガジアーノ&ガーリングの検品

最後に目視で検品です。


ガジアーノ&ガーリングのMTOサンプル

MTOのサンプルです。オーソドックスな黒のキャップトウと、ホールカットも6アイレットで、シンプルすぎない表情になっていますね。


ガジアーノ&ガーリングのMTOサンプル

一番左の靴はドレスシューズながらもレースステイ部分をダブルスティッチにして、ちょっぴりカジュアルな雰囲気を持たせています。


ガジアーノ&ガーリングのMTOサンプル

ガジアーノ&ガーリングらしい、シャープでスタイリッシュなスクエアトウ。


ガジアーノ&ガーリングのMTOサンプル


ガジアーノ&ガーリングのMTOサンプル

ルームシューズも注文可能です。


ガジアーノ&ガーリングの卓球台

休憩室には卓球台があり、休憩時間中に職人の皆様は卓球を楽しんでおられました(笑)。この光景でもお分かり頂けるとおり、職人さんたちは仲が良く、楽しそうに仕事をしておりました。

「卓球はできるか?一緒にやろう」

職人さんの一人が僕に声をかけて下さり、嬉しかったです♪


ガジアーノ&ガーリングでの記念写真

帰り際には、ディーンさん、ダニエルさんにお願いして、この写真を撮りました(笑)。



※情報はいずれも、僕が訪問した2015年3月24日時点のものです。

Comment

こんばんは
編集
こんばんは!初めまして!
上のルームシューズは既製品としてあるのでしょうか?
また、日本円だとおいくらくらいされますでしょうか?
なかなか見ないタイプですので気になりコメントさせていただきました(^ ^)
2016年06月01日(Wed) 20:27
未確認ですが……。
編集
ハッキリと確認はしていないのですが、ウェブサイトを見る限りだと、ルームシューズは既製品のラインナップに入ってないですよね(笑)。

https://www.gazianogirling.com/pages/bench-made

サヴィル・ロウにある店舗にも陳列されていましたが、既製品かは分かりません。MTOなら大丈夫かと思います。価格も分かりませんです。
ガジアーノ&ガーリングのウェブサイトから直接問い合わせた方が確実かと思いますよ
ー。
2016年06月01日(Wed) 21:14
N
編集
早急なご回答ありがとうございます!
やはり直接問い合わせた方が早いかもしれないですね!
ご迷惑おかけしました!
2016年06月01日(Wed) 21:27
No title
編集
とんでもないですよ~。
2016年06月02日(Thu) 06:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL