山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ David Young and O'Máille in Galway(ゴールウェイのデヴィッド・ヤングとオモーリャ)TOP靴・服飾 ≫ David Young and O'Máille in Galway(ゴールウェイのデヴィッド・ヤングとオモーリャ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

David Young and O'Máille in Galway(ゴールウェイのデヴィッド・ヤングとオモーリャ)

デイヴィッド・ヤングさんの作業

【David Young(デヴィッド・ヤング)】
住所:7 Francis Street, Galway
価格:ビスポーク・スーツ、1,600ユーロ~。

1ヶ月で完成。ダブリンのロニー・ジョンストンさんが、ゴールウェイのお薦めのテイラーと、僕に教えて下さったテイラーさんです。


デイヴィッド・ヤングさん

店主のDavid Young(デヴィッド・ヤング)さんはダブリン出身で、僕が訪問時は67歳。10代後半から20代前半にかけて、かつてサヴィル・ロウにあったビスポーク・テイラー、ピーター・ムーアにて5・6年ほどコートメイカーとして修行後、アイルランドのテイラーでも勤務し、ゴールウェイにて独立開業されました。全工程をお一人で行っております。

「ピーター・ムーアは自分にとって最高のテイラーだ。あとはハンツマン、ヘンリー・プール、キルガーが良かったね」ともお話されていました。サヴィル・ロウで働いていた頃は、日本人客も多かったとの事。ケーブルテレビで日本のニュースを見たりもするそうで、京都がお好きで、さらに「Gaijin(外人)」と日本語で話していました(笑)。


デイヴィッド・ヤングさんのサンプル

ヤングさんのサンプル。肩を高い位置に持って来るのがスタイルとの事で、柔らかい作りが身上。肩パッドも薄い物を用いると話しておられました。
論より証拠と、ヤングさんはこのジャケットを試着させて下さいまして、確かに軽い着用感で、そして僕にはやはりサイズが合ってないものの(笑)、それでも襟が抜けない立体的な作りでした。


デイヴィッド・ヤングさんのレディースサンプル

こちらはレディースです。太めのお客に作ったとの事でした。


デイヴィッド・ヤングさんのアイロンワーク

多くのビスポーク・テイラーさんはスティームアイロンを使いませんが、ヤングさんも同様に、手にしているアイロンもスティームアイロンながら、スティーム機能は止めて使っておりました。スティームアイロンだとくせ取りがしづらいとの事。




デイヴィッド・ヤングさんの芯地

芯地は当然自作です。ヤングさんはハ刺しや芯地に入るスティッチはマシンで、ここも手縫いの場合は、追加料金が発生するそうです。その分、価格がリーズナブルですね。上襟がけやピックスティッチなどは手縫いです。ボタン付けは麻糸で、ボタンホールはシルク糸でかがっておりました。


デイヴィッド・ヤングさんの鋏

ヤングさん愛用の鋏は1970年代のアメリカ製。


デイヴィッド・ヤングさんのシャツ

シャツは作らないため、既製シャツが店内で販売されております。


デイヴィッド・ヤングさんの店舗

店舗の外観です。




オモーリャのアラン製品

【O'Máille(オモーリャ)】
住所:16 High Street, Galway

こだわりのアイルランド製衣料を揃えたお店で、特にアランセーターは日本でもジャックノザワヤさんなどで取り扱いがあって有名です。巷ではアジア製も多い中、ここのアランセーターはもちろん発祥地であるアイルランド製と、紛れもない本物です。


オモーリャのアランセーター

手編みならでは柄の立体感が見事!そして、たくさんの毛糸を使って編んでいるので、ずっしりと重量感あります。なお、この色はオートミールです。


オモーリャのツイード製品

アランセーターとともに、アイルランド特産衣料と言えば、やはりドニゴールツイード。日本にも入っている、マギー社やストゥディオ(スタジオ)・ドニゴールのもありました。


オモーリャのツイード帽子

ツイード帽子も多く揃えています。


オモーリャのアラン毛糸

手編み用の毛糸も売られています。100%メリノウール、100gの190mで10.5ユーロです。


オモーリャの店内

もちろん、アランセーターやドニゴールツイード以外の品もあります。


オモーリャの店舗

店舗の外観です。


※情報はいずれも、僕が訪問した2015年2月23日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。