FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2020年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2020年03月
TOP靴・服飾 ≫ Breanish Tweed and Lewis Loop Center in Isle of Lewis(ルイス島のブレニッシュ・ツイードとルイス・ループ・センター)

Breanish Tweed and Lewis Loop Center in Isle of Lewis(ルイス島のブレニッシュ・ツイードとルイス・ループ・センター)

ブレニッシュ・ツイードの店内

【Breanish Tweed(ブレニッシュ・ツイード)】
住所:5 Adabrock, Port of Ness, Isle of Lewis

ルイス島にあるツイードメイカーの一つで、日本でも取り扱いがございます。ウールの中でも柔らかい種類である、シェットランドウールを多く使用し、他にもラムズウール、カシミア、シルク、ヴィキューナと、やはり柔らかな素材を用いてます。つまり、昔ながらのザックリとした粗い感触のツイードとは違う、しなやかで軽量なツイードが特徴のミルです。


ブレニッシュ・ツイードのイアンさんとお母様

左が代表で、職人でもあるIain Finlay Macleod(イアン・フィンリー・マックロード)さん。イアンさんはなんと、舞台やテレビの脚本家でもある多才な方です。イアンさんはお仕事のため、東京をはじめ、日本各地も何度か訪れており、「熱海の温泉は良かった」、「焼酎が好きだね」とも話しておられました(笑)。
右はイアンさんのお母様で、デザイナーを務めるChristina(クリスティーナ)さん。お父様もツイード織の職人で、妹様もデザイナーを務めるファミリービジネスです。


ブレニッシュ・ツイードのサンプル

ツイードのサンプル。見比べやすいように、あえて各所で色分けして織っております。昔ながらのツイードは重い色目が多いですが、ブレニッシュ・ツイードではご覧のように明るい色も多いです。


ブレニッシュ・ツイードのサンプル

こちらもサンプルで、やはり各所によって色が違い、そして素材も違います。カシミア混もあれば、シルク混、ヴィクーニャ混もあり、こう言った高級素材ならでは柔らかさと、艶のある風合いもブレニッシュ・ツイードの特徴ですね。


ブレニッシュ・ツイードのヴィクーニャ

そして、この黄土色の箇所はなんと!ヴィクーニャ100%のツイード!ブレニッシュ・ツイードらしい製品で、ヴィクーニャならではのぬめり感がありました。もちろん、お値段も1mあたり1,000£と高額です(笑)。




ブレニッシュ・ツイードの糸サンプル

織る糸のサンプル。ブレニッシュ・ツイードの場合、カシミアやシルク、ヴィクーニャがルイス・ハリス島にない事もあり、糸の紡績や染色については外注です。


ブレニッシュ・ツイードの店内

お店では、もちろん生地も購入可能です。目付は1ヤードあたり8-10オンスと、やはり軽量ですね。全てシングル幅で、ほとんどが服用ですが、家具用も少しあります。


ブレニッシュ・ツイードの店内


ブレニッシュ・ツイードの店内

ツイードの帽子やスカーフ、ストールなどもあります。


ブレニッシュ・ツイードのサンプルジャケット

参考までに展示されていた、ブレニッシュ・ツイードによるジャケット。


ブレニッシュ・ツイードのUAディストリクト別注帽子

日本ではユナイテッドアローズと取引があるため、ディストリクト・ユナイテッドアローズ別注のブレニッシュ・ツイードの帽子が飾られておりました。ちなみにこの店舗においては、売り物ではないとの事です。


ブレニッシュ・ツイードのバルヴェニー・マスターズ・オブ・クラフト・アワーズ繊維部門賞

英国の職人さんを表彰する制度である、バルヴェニー・マスターズ・オブ・クラフトを受賞しており、その表彰楯。


ブレニッシュ・ツイードのイアンさん

こちらは店舗裏にある工房。こことは別の場所にも工房があり、そちらではお父様が作業されていました。織機は約100年前と約50年前の物を使用しており、生地が全て昔ながらのシングル幅なのも納得です。


ブレニッシュ・ツイードのツイード織機

ブレニッシュ・ツイードは手織りなのも特徴の一つ。「機械織りだとパーフェクトすぎて味がない。手織りだと表情が豊かになる」とのお話でした。


ブレニッシュ・ツイードのツイード織機


ブレニッシュ・ツイードの店舗

店舗の外観です。




ルイス・ルーム・センターの入口

【Lewis Loom Center(ルイス・ルーム・センター)】
住所:3 bay head, stornoway, Isle of Lewis

ルイス島中心街である、ストーノウェイにあるハリスツイードのお店です。


ルイス・ルーム・センターの店主さん

店主のRonnie McKenzie(ロニー・マッケンジー)さん。ハリスツイードのお得意先が日本と言う事もあってか、1~10までの数字を日本語で話して下さって驚きました。


ルイス・ルーム・センターのツイード生地


ルイス・ルーム・センターのツイード生地

ツイード生地が店内にどっさり積まれていました。価格はシングル幅で17.5£、ダブル幅で35£。すべて8~10オンスほどとの事で、ブレニッシュ・ツイード同様に軽量ですね。柄がトラッドなのが古い生地とのお話でした。ただ、どんな柄がトラッドと言えるのかは、知らない人には難しいですよね(笑)。


ルイス・ルーム・センターの店内

ツイードジャケットは194£。


ルイス・ルーム・センターのツイード帽子

ツイード帽子は26£~。


ルイス・ルーム・センターのツイード時計

ハリスツイードをあしらった時計。ツイードならでは優しい表情が、和みのインテリアになりますね。


ルイス・ルーム・センターのラルフ・ローレンのサンプル

店内では、ラルフ・ローレン別注のハリスツイードが飾られていました。

「明るい色がなく、ナチュラルカラーでトラディショナルだ」

ロニー・マッケンジーさんはそう評しており、ラルフ・ローレンのこだわりが伺えますね。なお、これは15-20年ほど前のサンプルで、売り物ではないそうです。


ルイス・ルーム・センターの古いサンプルブック

80年前のハリスツイードのバンチブックもありました。既に当時から、日本からの注文もあったそうです。


ルイス・ルーム・センターの入口

なお、お店は上画像をくぐった所にあります。



※情報はいずれも、僕が訪問した2015年2月14~16日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL