山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ Boutique BIGARRE and WAHLMAN in Helsinki(ヘルシンキのブティック・ビガレとヴァールマン)TOP靴・服飾 ≫ Boutique BIGARRE and WAHLMAN in Helsinki(ヘルシンキのブティック・ビガレとヴァールマン)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Boutique BIGARRE and WAHLMAN in Helsinki(ヘルシンキのブティック・ビガレとヴァールマン)

ビガレの店舗

【Boutique BIGARRE(ブティック・ビガレ)】
住所:Arkadiankatu 8, 00100 Helsinki
価格:ロングコートでラムスキンは2,500ユーロ~、レインディア(トナカイ)は3,000ユーロ~。レディースだと少し安くなります。

仮縫い3回、1ヶ月で完成。レザーや毛皮専門のテイラーで、もちろん、コート以外にも色々作って下さいます。お直しも受け付けています。フィンランドの著名人も顧客に多く、シンガーソングライターのErja Lyytinen(エレヤ・リューティネン)さんもその一人で、上の店舗画像左には、そのエリヤさんの写真が貼られています。英語可。


ビガレのオーナー

30年もの活動実績があり、オーナーであり、モデリストのマイスター資格を持つPirjo Savolainen(ピリオ・サヴォライネン)さん。ヘルシンキマスターギルド会員でもあり、ヘルシンキ手工芸協会の理事も務め、起業家としても賞を授与されています。


ビガレのレインディア

赤はラムスキンで、黒はベイビーのトナカイ革(レインディア)。ラムスキンも柔らかいですが、さすがにベイビーのトナカイ革はさらに柔らかく、しっとりした感触があります。使用するトナカイ革はフィンランドのラップランド産で、撥水性と通気性があるとの事。なお、ラムスキンもトナカイ革も、カラーヴァリエイションは豊富で、素材も他にもあります。


ビカレのマイスター証書

2004年に取得された、モデリストのマイスター証書です。


ビガレのレザージャケット

そしてこちらは、ビガレ製の作品です。


ビガレのレザージャケット


ビガレのピンクワンピース






ヴァールマンの店舗

【WAHLMAN(ヴァールマン)】
住所:Sofiegatan 5, 00170 Helsingfors
価格:ビスポーク・ハット798ユーロ~。

1901年創業の老舗帽子店で、品揃えはオリジナルの学帽の他、クリスティやオーストリア製など、既製品がほとんどですが、コペンハーゲンのプチットガスと同様、医者や学者用のトップハットはビスポークを受け付けており、帽子につける徽章や収納用の箱も付属します。僕を応対してくれた職人さんは英語不可でしたが、もしかしたら、英語のできるスタッフさんもいらっしゃるかもしれません。


ヴァールマンの測定器

ビスポークの際に使用する、プチットガスと同種の測定器。



※情報はいずれも、僕が訪問した2014年12月2日~3日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。