FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP野球 ≫ 仁志⇔小田嶋+金銭のトレードって何だよ!

仁志⇔小田嶋+金銭のトレードって何だよ!

仁志、横浜の小田嶋+金銭でトレード。

うっわー……、巨人大損。


仁志って打撃は意外性があって一発もある。
守備走塁センスも高く、機転も利いて、野球頭の良さならチーム1・2を争う存在だ。
6・7番あたりで起用されたら嫌なタイプ。横浜に行ったら種田みたいな活躍をしそうで怖い。

どうも本人志願によるトレードらしいね。
今年、脇谷、小坂の加入で、すっかり影が薄くなったうえでのトレード。傷つけられた、持ち前の高いプライドを爆発させそうだ。




今年、いくら脇谷が台頭したとは言え、まだ1年だけ。小坂も打撃が当てにならない。
仁志を残しておく意味は十分にあるはず。でも、本人が希望したなら仕方ないか……。このトレードは、仁志本人にとっては良い方向に進むであろう。

でもそれ以前に、現在、原監督じゃなかったら、小坂も巨人に入団していないだろうし、今年も普通にレギュラーだった気もするんだけどね。

仁志のトレード話は以前からあったが、本人の本格的な巨人離れは、おそらく小坂加入がキッカケであろう。

仁志なんて1年目からレギュラーに定着し、ワンマンプレイも目立ったとは言え、これまで頑張ってくれた好選手。まだ使える選手だったんだから、小坂を獲得して、わざわざポジションをふさぐ必要もなかったろうに。

そりゃあ、小坂も小坂で良い選手だけど、良い選手だからって、手当たり次第に獲得しちゃあ、チームの雰囲気が悪くなる(言い飽きたわ!)。
実際、仁志はくさっちゃって、今年は絶不調。衰えもないとは言えないけどさ、少しは選手の心情を思いやれって。どうしてこうも、巨人は心無い事ばかりするんだか。

まあ、とにもかくにも、こうして岡島に続き、生え抜きの功労者がまた一人いなくなったとさ!

原監督だって、晩年に落合、ハウエル、広沢の獲得によってポジションを完全封鎖され、挙句の果てには長嶋一茂を代打に出された屈辱があるだろうに!

しかも、交換相手が小田嶋……、03年に鴨志田から打った、延長11回代打サヨナラ満塁本塁打しか知らないよ。格が違うだろ、格が!
巨人に来たところで、冷遇されて一軍半。たまに代打で出場。5年在籍ってところじゃないでしょうか。年齢的にも微妙で、今後の成長もあまり期待できない。+金銭とは言え、仁志と比べたら大分格落ち。
う~ん、このトレード、納得できない。

そもそも小田嶋は右のスラッガータイプだけど、同タイプで年齢も同じの吉川がいる!
ようやく今年、吉川は一軍の居場所ができ始めたのに、それをまたフイにする獲得だ!
しかも、さらに右の代打要員として、ついこの間、大道を獲ったばかりじゃないか!!!

は~あ……………。

仁志選手、今までお疲れ様でした。ブンブン振り回す打撃にはうんざりさせられたりもしたけれど、良い選手でしたよ。新天地の横浜でも、頑張って下さい。あなたはまだまだやれるはずです。

僕が仁志選手のプレイで一番印象に残っているのは、それはデヴュー戦でもなく、佐々木から打ったホームランでもなく、00年日本シリーズで魅せた好守でもなく……。
00年オフの日米野球、当時の世界最強左腕、ランディ・ジョンソンから放ったツーベースヒットです。この試合における全日本初安打であり、四球の城島を返しての初打点でもありました。
ペナントとは関係ない試合ですが、この意外性ある一打、負けん気の強い仁志の「舐めんなよ」の無言の声が聞こえて、仁志らしいなあと感じたものです。
2mを越す摩天楼のランディ・ジョンソンと、小兵の仁志、その対比も絵になりました。

Comment

編集
どうもまた書き込みさせていただきます!

小田嶋は右の代打なのかな。
大道獲ったのに必要とは思えないよなぁ。

捕手から外野にコンバートしてるから外野の競争を
勝ち抜けるかねえ。

外野増えると清水もヤバイなあ。


たしかに仁志は
今年の成績では出場はきびしいものがあるから仕方ないでしょう。
球団もこれを了承して、横浜の小田嶋とのトレードなったそうですね。
監督とは仲が悪いと言われてましたが
全盛期ならそんな事も関係なく必要な選手として残っていたと思います。
やはり力が落ちたとしかいいようがない。
しかし守備は素晴らしいものがあって好きだったんだけどな。
派手な守備とかはなかったけどあの絶妙なポジショニングは 仁志ならではでよく研究してると唸る事もありました。

打撃に関しては右打ちできないとか選球眼悪いとか、
大振りでチームバッティングできないとか賛否ありますが、
思いっきりのいいスイングで先頭打者として活躍もしましたし
貴重な戦力として貢献してくれたと思います。
横浜だと内川や小池とも競争になるだろうが
あの守備で巨人の前に立ちはだかってもらいたい。

っていうか、
去年の元木、後藤といい今年の仁志、桑田といい生え抜き
の選手がチームを去るのは寂しいよ。本当に・・・
2006年11月06日(Mon) 22:01
編集
イワモトさん、こんにちは。書き込みありがとうございます。

小田嶋は捕手から一塁手のコンバートですね。巨人入りしたところで、おそらく原俊介の後釜どまりでしょう。
右の代打としても仁志より働けない、ホームランも打てない可能性は十分です。僕はブログに書いたとおり、まったく期待してないんですよね……。

仁志、プライドを傷つけられた奮起に期待したいですねー。僕はレギュラー獲り、十分あり得ると思っております。おそらく本人も、横浜に行ってまで、トップバッターじゃないと嫌だとはは言わないでしょうし(笑)。
トレードそのものは、本人にとっては良い事だったと思います。このままだと、くさった末に引退という運命が待っているだけですから。でも、そんな運命を用意しているチームなんて、健全とは言い難いですよね。特に仁志は、これまで頑張ってくれた生え抜き選手ですし。巨人ファンとしては、本当に寂しい限りです。

それにしても、どんどん多国籍化が進みますね……おそらく、小笠原も巨人入りでしょうし。
2006年11月07日(Tue) 12:47












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL