山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ Praha Bespoke Shoe Maker(プラハのビスポーク・シュー・メイカー)TOP靴・服飾 ≫ Praha Bespoke Shoe Maker(プラハのビスポーク・シュー・メイカー)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Praha Bespoke Shoe Maker(プラハのビスポーク・シュー・メイカー)

ラヴァートさんの工房入口

【Salon Lawart(サロン・ラヴァート)】
住所:Myslíkova 17, Praha 1
価格:45,000コルナ~。ブーツは50,000コルナ~。シュー・トゥリーは600コルナ。パティーヌを行う場合は3,000コルナ増。

仮縫い時はセメント製法でトライアルシューズを作成。4ヶ月で完成。英語可。


エリック・マルティン・ラヴァートさん

95年から靴作りをはじめ、09年に現在の場所に店舗をオープンした、Erik Martin Lawart(エリック・マルティン・ラヴァート)さん。お会いした際は、「私の名前はラヴァートです」と、日本語でご挨拶して下さいました♪基本的にお一人で作っておられますが、忙しい時は工房をシェアしている、鞄職人さんに手伝ってもらう事もあるそうです。あと、靴作りを学んでいる女性が一人いらっしゃいました。


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ

ラヴァートさん製ビスポーク・シューズ。アントニー・デロスさんのような、フレンチスタイルがご自身のスタイルとの事です。確かに中東欧靴にありがちな重厚なフォルムではく、細身で、デザインも捻りのあるタイプが多いです。




ラヴァートさんのフットプリント

仮縫いでは、採寸だけでなく、フットプリントも採ります。これも中東欧らしいですね。


ラヴァートさんのヴィンテージカーフ紺

アッパーに使うのはデュプイが多いですが、上画像はチェコのJaroměř(ヤロムニェルシ)にあったタンナー製のヴィンテージボックスカーフ。現在は廃業してしまったものの、これも良いクォリティだと話しておられました。色は紺。


ラヴァートさんのソール材

アウトソールに使用するのは、英国のベイカーかフランスのガラ&フィス。そして、インソールに使用するのはチェコ製の革だそうです。


ラヴァートさんのラストメイキング

木製ラストにパテ?のような物を塗って形を作っていくのが、ラヴァートさん流ラストメイキング。このパテは、時間が経つと固まります。


ラヴァートさん手動式プレスマシン

他の多くの中東欧やドイツのビスポーク・シュー・メイカーと同様に、インソールのくせ付けにはプレスマシンを使用。ただし、ラヴァートさんの場合は手動式で、力の加減をしやすいのがメリットですね。


ラヴァートさんのプレスマシン

剛性を高めるために、積み上げるヒールパーツもプレス。これもご覧のとおり、手動のプレスマシン。


ラヴァートさん使用ナイフ

ラヴァートさんが使用するナイフの中には日本製のもあります。ラヴァートさん以外にも、日本製ナイフを使用するヨーロッパの職人さんは珍しくなく、その良さを賞賛しておりました。


ラヴァートさんの作業の様子

踏まずの部分には木釘を使用して合わせ、コバを不要にして華奢に見せる工夫をしております。サン・クリスピンと同様の手法ですね。


ラヴァートさんのパティーヌ作業場

フレンチスイルがお好きだけあって、パティーヌも自ら手がけます。

そして以下からは、ラヴァートさん製のビスポーク・シューズの画像になります。


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ

アッパーの飾りステッチがラヴァートさんらしいですね。


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ

リザード革とのコンビシューズですね。


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ

こちらはリザード革のホールカット。


エリック・マルティン・ラヴァートさんのビスポーク・シューズ

鮫革の靴。ベルトも鮫革です。





ミハル・パブラスさん店舗兼工房

【Michal Pavlas(ミハル・パヴラス)】
住所:Baarova 10, 140 00 Praha 4,
価格:ブレイク製法は12,000コルナ~。ボローニャ製法は18,000コルナ~。グッドイヤー・ウェルテッド製法は25,000コルナ~。基本的にはマシンとハンドの併用の靴作りですが、追加料金を払えばフルハンドメイドも可能。1,500コルナ~で、ビスポークのベルトも受け付けています。

仮縫い時はセメント製法でトライアルシューズを作成し、それを数日試着。1ヵ月半で完成。アッパーはアノネイ、イルチア、ヌオヴァ・オズバなどを使用。ソールはイタリア製を使用だが、追加料金を払えば、ドイツのレンデンバッハやキルガーも使用可。ラストは通常、プラスティック製を使用で、お客の足型が特別変わった形状の場合、木製ラストで作成するそうです。英語可。

代表で69年生まれのミハル・パヴラスさんは靴産業で発展した事で知られる町、チェコのズリンで修行。工房では、そのパヴラスさん含む、数名の職人さんで製作しておられます。以下からはパヴラスさん製ビスポーク・シューズやベルトのサンプルです。


ミハル・パブラスさんサンプル


ミハル・パブラスさんサンプル


ミハル・パブラスさんサンプル


ミハル・パブラスさんサンプル


ミハル・パブラスさんベルトサンプル




余談ですが、プラハの路上靴磨き屋さんの価格は60コルナ、使用している靴クリームはコロニルでした。

※情報はいずれも、僕が訪問した、2014年10月15日~17日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。