山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP靴・服飾 ≫ Shoes Family Maftei in Wien(ウィーンの靴家族・マフテイ)

Shoes Family Maftei in Wien(ウィーンの靴家族・マフテイ)

マフテイの店舗

【MAFTEI(マフテイ)】
住所:Kuehnplatz 6, 1040 WIEN
Postgasse 11, 1010 WIEN
価格:既製靴はシュー・トゥリー込で500ユーロ~。ビスポークは1,000ユーロ~。二足目以降は100ユーロ値引き。通常はハンドソーン・ウェルテッド製法だが、木釘による底付けの場合は100ユーロ値引き。なお、注文の90%がハンドソーン・ウェルテッド製法だそうです。
コードヴァンは1,300ユーロ~。エレファント、カイマンは2,000ユーロ~。アリゲーターは3,000ユーロ~。ダブルソールの場合は、少々値上がり。ビスポーク用シュー・トゥリーは50ユーロ。

仮縫いではセメンテッド製法による、トライアル・シューズを作成。仮縫いまでの期間は約1ヶ月で、さらに1ヵ月後に完成。アッパーは多くがアノネイかデュプイのフレンチカーフ。素材は上記以外にも、オーストリッチやスティングレイなども有。ソールは全てレンデンバッハ。


マフテイご夫妻

ルドルフ・シェア&ゾーネにて5年勤務した後に独立された、Alexandru Maftei(アレクサンドル・マフテイ)親方と、奥様のLucia(ルチア)さん。ご夫妻は、英語は少し可能です。そして、アレクサンドル親方のお兄様は、現在でもルドルフ・シェア&ゾーネで勤務されておられます。
アレクサンドル親方はルーマニアのピアトラ・ネアムツ出身で、その頃からハンドメイド・シューズを作っていたとの事。そして、マフテイの靴も、製作はピアトラ・ネアムツで行われております。

ちなみに上の写真撮影時、奥様が親方のシャツの乱れを直してあげたり、親方は奥様にキスするそぶりを見せたりと、仲睦まじい様子が伺えました♪




マフテイのサンプル

2010年にお会いした際、僕がシームレスホールカットをご紹介したせいか、シームレスホールカットのサンプルをたくさん見せて下さいました(笑)。画像左は体重250kgもある顧客用に作成中の、巨大シームレスホールカット。


マフテイのシームレスホールカット作成途中


マフテイのシームレスホールカット作成途中

ご覧のとおり、アッパー革に継ぎ目はまったくありません。このホールカットをシームレスで作る理由については、「アートだから」との事。


マフテイのサンプル

こちらは顧客用ではなく、あくまでサンプルの、ウェルトが幾重もあるシームレスホールカット。手間がかかる仕様であるのは言うまでもありません。


マフテイのホールカット

こちらもあくまでサンプルですが、ウェルトが幾重もあるシームレスホールカットに、アッパーはハンドペイント。


マフテイのシームレスホールカットブーツ

さらに驚いたのが、このシームレスホールカットのショートブーツ!です。


マフテイのブーツ後姿

ただでさえ釣り込みが難しいシームレスホールカットですが、ブーツだと短靴よりも曲線が強い分、さらに難しくなります。素晴らしい技術です!


マフテイのサンプル

もちろん、シームレスホールカット以外のモデルもございます。


マフテイの店舗

こちらウィーンにある、マフテイのもう一つの店舗です。住所はPostgasse 11, 1010 WIEN。


ルシアン・マフテイさん

上店舗の店主である、Lucian Maftei(ルチアン・マフテイ)さん。アレクサンドル親方の息子さんで、英語可。


マフテイのサンプル

店内にあるサンプル。


マフテイのサンプル


マフテイのサンプル


マフテイのオーストレッグコンビのサンプル


マフテイのフットプリント

採寸時には、メジャリングだけでなく、フットプリントも採ります。




シュテファン・マフテイさんの店舗

【Maßschuhe Stefan(シュテファン注文靴店)】
住所:Dorotheergasse 15, A-1010 Wien
価格:1,400ユーロ~。

採寸はマフテイやマテルナ同様、メジャリングだけでなくフットプリントも採取。仮縫い有。カーフは全てフレンチカーフ。ソールはレンデンバッハ。ホーウィンコードヴァンやオーストリッチも有。通常はハンドソーン・ウェルテッド製法だが、要望があれば木釘での底付けも行うそうです。ただ、ハンドソーン・ウェルテッド製法の方が良いとの事。英語可。


シュテファン・マフテイさん

店主のStefan Maftei(シュテファン・マフテイ)さん。アレクサンドル・マフテイ親方の甥で、僕がお会いした際は28歳の若手です。お店そのものはマフテイとは関係なく、1939年に創業。シュテファンさんはルドルフ・シェア&ゾーネで3年勤務後、2010年にこのお店に入り、その年に先代であるOtto Bartkiewicz(オットー・バルトキイッチ)氏が亡くなったため、そのままお店を引き継いだそうです。現在はお一人でお店を運営されております。

シュテファンさんは元ルドルフ・シェア&ゾーネだけあって、そのルドルフで行われている、革を水に濡らして釣り込む手法も採用しておりました。具体的には、革に水を塗り、ビニール袋の中に入れて放置、その翌日にその革を使うのだそうです。この手法だと革の状態が良くなるそうです。ただし、濡らしすぎも良くないとの事。


シュテファン・マフテイさんのサンプル

事前に、シュテファンさんはアレクサンドル・マフテイ親方の甥であり、ルドルフ・シェア&ゾーネでも勤務歴があると聞いていたので、やはりマフテイかルドルフのようなスタイルなのかな?と思いきや、いざサンプルを見ると、「マテルナに似ている!」と思いました。それもそのはず、話を聞くと、製甲はマテルナに外注にしているそうです。これは先代の頃からずっと続いているそうで、「マテルナとは良いコンビだ」とお話されていました。なお、上のフルブローグは先代製。


シュテファン・マフテイさんのサンプル

こちらはシュテファンさん本人製。


シュテファン・マフテイさんのサンプル

こちらもシュテファンさん製で、コバの張り出しを抑えたブラインドウェルト。アッパー革はバッファロー。


シュテファン・マフテイさんのサンプル


昔のサンプルハイヒール

このハイヒールも昔の作品。片足だけしか残ってないそうで、もう片足は、ショーウインドウに飾っていたら、そのショーウィンドウを破壊されて盗まれたとの事。


昔のサンプル

ヒールは革を積み上げて作っておりますが、その積み上げの様子がまったく見えず、滑らかに仕上げられた、素晴らしい仕事です。

なお、このシュテファンさんのお店は、元ルドルフ・シェア&ゾーネの四之宮玄騎さんにご紹介して頂きました。どうもありがとうございました!

※情報はいずれも、僕が訪問した、2014年10月8日~9日時点のものです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL