山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「ドラゴンボール」を使って英語の勉強TOPマンガ ≫ 「ドラゴンボール」を使って英語の勉強

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「ドラゴンボール」を使って英語の勉強

英語版ドラゴンボール20巻

以前にも書いた英語の勉強、今でも細々とながら続けてはいるのですが、勉強嫌いのうえ、頭が悪い僕はなかなか頭に入って行きません。まず、勉強していてもまるで集中できていません。

これでは良くないと思っていたところ、昨日、ブックオフ秋葉原店にて、「ドラゴンボール」の英語版が目に付きました。10年前、「英語の勉強のため、ドラゴンボールのマンガを使った」と教えて頂いた事を思い出し、僕も実践してみようと買ってみました。ブックオフ価格350円、新品だった時の価格は7.95$のようです。日本版と比べたら高いですね。

いざ読んでみると、やはりと言いますか、言葉がスルスルと頭に入って行きますし、集中力も持続します。マンガって凄いですね。おかげで、英単語をどんどん覚えていきますよ。

元気玉=GENKI-DAMA

気円斬=KI-EN-ZAN

サイヤ人=SAIYAN

この調子で、さらに英単語を覚えていきたいですね。今は、太陽拳=TAIYO-KENを覚えている最中です。

あと、作中でよく出てくる、「悟空の気がどんどんちいさくなっている」とか、「ものすげえ気だ」とか、「気を感じとって」とかの「気」は=CHIなんですが、元気玉や気円斬での気の表記はKIになっているのが面白いです。

マンガを使って英語を勉強するのは良い具合なので、さらにもう数冊、買ってみようかなと思ってます。

ドラゴンボール20巻オリジナルと英語版

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。