FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP靴・服飾 ≫ フォスター&サンによるヘンリー・マックスウェルスタイル完成

フォスター&サンによるヘンリー・マックスウェルスタイル完成

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

10日ほど前に、フォスター&サンのビスポーク・シューズ、三足目が到着しました!


フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

いや~、良いですね。実に良い!いつも完成前は、「こんな具合に出来上がるかな?」と想像して、期待を膨らませているのですが、毎回、その想像を上回るカッコ良さで、嬉しさが爆発します!

そして、この靴を手がけて下さった、職人の松田笑子さんに感謝です。素晴らしいセンス!と。

過去の注文記事をご覧頂けますとおり、僕はビスポークする際、指定する事は最小限にとどめて、細かい点は職人さんにお任せする事が多いです。理由としては、僕みたいな素人がでしゃばって意見するよりも、職人さんのセンスと腕前と知識と見識と経験等、つまりフォスター&サンの場合、松田笑子さんのセンスと腕前と知識と見識と経験等を信じた方が良いと思うからです。そして今回も、信じて良かったと実感しております。



フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイルのソール

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイルソール拡大

アウトソールについても、「サンプルと同じにして下さい」と言っただけで、他は特に指定はしていなかったのですが、ドレスシューズだから、と言う事でしょうか、アウトソールはフィドルバックっぽい湾曲(セミフィドル?)で仕上がっていました。と言うか、サンプルもこう言ったソールなのかな?覚えていません(笑)。手間をかけて下さった、お心遣いがありがたいですね。僕の場合、いかにもこれみよがしな、ガッチリ角の付いたフィドルバックは好きではないので、このような柔らかい湾曲で良かったです。先方も、僕が「これみよがしは好みではない」と言うのを理解して、このような仕上げにして下さったのかもしれません(笑)。

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイルのヒール

こちらも指定していなかったのですが、ヒールはシームレスとなっており(仮縫い時は気付かなかった)、日本人が好みそうな仕様と、気を使って下さったのかもで、ありがたいです(笑)。フォスター&サンの場合、ヒールにシームが入るのが標準仕様だと思っていたので、少し驚きました。何でも、今回のようなスリークォーターブローグの場合、ヒールも2枚革なので構造上の強度は問題ないためだとか。とは言え、踵のシームはあった方が、パターン上では立体が出しやすいので、さて、シームレスヒールと言う事で、踵のフィットは大丈夫か気になるところですが、現状では、踵のフィットが甘くなったとは感じません。シームレスヒールでも、立体を出し方を知っている、フィットのさせ方を知っているメイカー、と言う事でしょうね。
なお、画像では、踵中央にうっすら線が見えますが、これはシームではなく、何かしら作業の際についてしまった跡と思われます。

今回のデザインは以前にも書いたとおり、ヘンリー・マックスウェルのサンプルを基に注文しまして、下がそのサンプル画像です。

ヘンリー・マックスウェルのサンプル


そして、完成品がこちら↓。


フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル


そのサンプルを、真下から撮影した画像。


ヘンリー・マックスウェルのサンプル


そして、完成品がこちら↓。


フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

再現度高し!

この点も嬉しかったですね~。僕の靴の方が、少し幅があるかな?と言う感じですが、ビスポーク・シューズの場合、靴のフォルムはお客の足型ありきですし、さらにハンドメイドなわけですから、まったく完璧に同じになるわけがありません。むしろあまり細すぎるより、このくらいの方がちょうど良いですね。これだけしっかり再現して頂けて、ひたすら満足!松田さんを信じて良かったと、やはり思います(笑)。ちなみに、僕の足のサイズは、クロケット&ジョーンズの330ラストで6E、オールデンのバリーラストで6Dです。

ヘンリー・マックスウェルのインソックス

インソックスのロゴも、今回はヘンリー・マックスウェルにして頂きました。


フォスター&サンのシュー・トゥリー

シュー・トゥリーも高級感ある、美しい仕上がり!靴への収まり具合もバッチリです。


フォスター&サンの新しい箱

今回は三足目の注文となるわけですが、箱が以前までと異なっており、このような引き出し型となっておりました。従来と比べて、収納に役立ちそうですね。


フォスター&サンの新しい箱

引き出し部には、開けやすいように紐と、管理するためのカード?とかを入れられるビニールが付いております。

肝心の履き心地については、まだ室内で数時間ぐらいしか履いてないものの、現状では良好です(当然?)。アーチ部の押し上げは、これまで注文したフォスター&サン三足の中では一番感じますね。仮縫い時に感じた不具合も、しっかり修正されており、「きつい」とか、「当たる」と感じる箇所もありません。
ただ、シングルソールではあるものの、一足目のシングルソールと比べて、ソールの返りが硬いです。返りが硬い理由は色々考えられますが、履き馴らしていくうち、柔らかくなるのかもしれませんね。

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイルのトップリフト

なお、今回、トップリフトはオールレザーの釘打ちで注文していまして、これで歩行した時、どうなるのかも楽しみです(笑)。

僕はいずれ、フォスター&サンにて、ごく普通の黒のキャップトウを注文したいなと考えているのですが、一足目のトウラインにするか、今回の三足目のトウラインにするか、迷いますね。どちらも良くって(笑)。でもまずは、この三足目の残金分のクレジット・カード引き落とし日まで倹約生活……。

フォスター&サンのヘンリー・マックスウェルスタイル

Comment

お久しぶりです!
編集
こんばんは、山下さん。ゴールデンウィークは好天に恵まれましたね。
絶好のフォスター日和だったのでは(笑)?

良い出来ですね!ブローグの大きさ、ショートキャップのバランスが絶妙ですね。クリーム入れたり、日焼けしたりするとアンティークの靴みたいになりそうな革に見えます。いずれ履きこんだ写真も見せてください。
2014年05月06日(Tue) 20:08
ご無沙汰しておりますー。
編集
笙一郎さん、好天が多いGWだったのですが、まだこのフォスターは履いてなくて、眺め回して楽しんでおります(笑)。早く履きたいですね~。
それにしても、素晴らしくカッコ良いです!現時点でもアッパーはアンティークっぽいのですが、今後これが、さらにどう変化していくかも楽しみですー。
2014年05月07日(Wed) 06:24
素晴らしい靴ですね!。
編集
突然過去の記事への質問で失礼かとも思いましたが、憧れてはいても実物を拝見することもなかなか叶わない「FOSTER & SON」の靴について是非ともお伺いしたい事がありコメントさせて頂きました。ご無礼お許し下さい。
内羽根の靴の製甲では、タンと羽根の一部を縫い付けて動かないように固定しているものとそうでないものがありますが、「FOSTER & SON」ではどちらが採用されているのでしょうか?。
と言いますのも、履く時のことを考えればタンが固定されていた方がズレなくて良いのでしょうが、これだと靴の手入れの際タン全体にクリームを塗るのが困難になってしまいます。私は大切な靴にはタンの部分にもきっちりクリームを入れたい派なので、タンと羽根は固定されていない方が良いと思うのですが、雲上靴ともいえる「FOSTER & SON」ではどちらの仕様になっているのか非常に気になりました。
近々国内のビスポークメーカーに一足オーダーしようかと考えておりますが、その際にタンの部分の仕様を固定、非固定のどちらで頼もうか迷っており、是非参考にさせて頂きたくて質問させて頂きました。また併せましてタンの固定、非固定それぞれの仕様に関しまして、山下様のお考えなどもお伺いできればと思います。どうかよろしくお願い致します。
長文失礼致しました。


2016年08月03日(Wed) 19:47
タンについて。
編集
まったく失礼と言う事はないですから、お気になさらずですよ~☆。
フォスター&サンのビスポーク・シューズ、内羽根は二足持っておりますが、二足ともタンは固定されておりません。ちなみにゲオルグ・マテルナのビスポーク・シューズも、内羽根を一足持っておりますが、こちらも固定されておりません。
とは言え、固定されている方が一手間かかっている分、ちょっと良さそうな感じはありますよね(笑)。
ただ、僕自身はタンは固定されてない方が好きです。理由はH.Sさんも仰られるようにクリームが塗りやすいのと、靴紐も通しやすいからです。もっとも、それほどこだわりがあるわけでもないので、注文時に「固定しないで下さい」と伝えたわけではございませんー。

よろしければ、ご参考にされてみて下さい。
2016年08月04日(Thu) 06:59
ありがとうございます。
編集
山下様、早速お返事をいただきありがとうございました。
とても参考になりましたし、変な言い方ですが勇気づけられました。
実は私も、タン固定仕様の方が一手間余計にかかっている感じがする分何となく少し上等なような感じがして、固定されていない方が好みであるという自分の趣向に自信が持てていなかったのですが、天下の「FOSTER & SON」がタンを固定しない仕様と伺ってとても嬉しく自分の好みは間違ってはいないと確信が持てました(大袈裟ですね…笑)。
堂々と「タンは固定しないでください!。」と言ってオーダーしようと思います。
お忙しい中貴重な情報並びにご意見、本当にありがとうございました。
今後の更新も楽しみにしております。

2016年08月05日(Fri) 01:13
とんでもないですよ〜♪
編集
お役に立てたなら良かったです♪
ビスポークですから、実用に関わる事はこだわりたいですよね。
素敵な一足をご注文されて下さい☆。
2016年08月06日(Sat) 16:55
編集
お世話になります。
山下さんはフォスターのビスポークではトウスチールを付けず、この三足目ではヒールにラバーすら付けておりませんが、減り具合としては如何なものでしょう?
2019年10月30日(Wed) 15:15
No title
編集
この三足目については減り具合を言えるほど回数をまだ履いていないので、コメントは控えさせて下さい~。
ただ、一足目と二足目もトウスティールは付けてませんが、いずれも未だに一度もトウや踵の修理を行っていません。僕は他の方と比べて、減りが少ないみたいです(笑)。あと、スニーカーを履く事も多いです。ご参考までに~。
2019年10月30日(Wed) 21:09












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL