山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP野球 ≫ 打撃の岡崎、守備走塁の勝呂、ガッツの川相……あれから17年、川相昌弘引退!

打撃の岡崎、守備走塁の勝呂、ガッツの川相……あれから17年、川相昌弘引退!

2番ショート川相

僕にとって、その響きは永遠だ。

僕が愛する選手の一人、川相昌弘選手が引退だそうです。もう42歳。今年は出番も少なかったですし、ついに限界が来てしまいました……。

03年は余力を残し、本人も現役への意欲満々ながら、周囲の声に押されて引退という形。
今年はリーグ優勝もしたし、さすがに全力を尽くしたうえでの引退と思われる。

まさに精力的という言葉がピッタリのプレイ、つなぎの上手い、古典的かつ理想的な2番打者。大好きだったなあ……。
お疲れ様でした。そして、ミスターいぶし銀と言える渋い活躍、数々の貢献技、本当にありがとうございました。



以前に川相は、長男の川相勇太君、そう、あの有名な「勇太ー、拓也ー、成美ー、パパ頑張ったよー」のヒーローインタヴューで、弱冠6歳ながら一躍全国区にのし上がった、あの川相勇太君。

その彼と親子プロ野球選手を実現させたいとも話しておりました。密かに期待していたのですが、まだ実力不足だったか、勇太君は今年のドラフトにはかからず。

万が一、川相勇太君が中日入団となっていたら、川相は来季も現役だったと思うのですが……。ひょっとしたら、これも引退の理由だったりして?

川相勇太君の進路はどうなのでしょう?大学進学かな?いずれプロ入りしてくれたら、面白いですね。聞く話だと、桑田の息子も、野球の腕前はかなりのものとか。

さて、川相は王監督時代から僕は好きだったんだけど、一番印象に残っているのは、レギュラーを掴んだ89年。

85年限りで河埜和正が引退し、その後、依然としてレギュラー・ショートが決まらない巨人。
これまで本命の一人であった鴻野淳基は悪送球癖が治らず、俊足強肩を生かすために外野へコンバート。
レギュラー・ショート候補は三人に絞られた。岡崎、勝呂、そして川相。

そんな中で、目にも留めてもらえなかった、上田和明、福王昭仁の両名は悲しすぎたなあ。

そして、この89年シーズン途中には、同じくショートの緒方耕一も台頭。開幕時は一軍経験すらなかった緒方だったが、トップバッターに成長し、セカンド、外野も守れるユーティリティ・プレイヤーとして、上田、福王を軽く追い抜いたのはもっと悲しすぎた。

話しがそれた。本題に戻りましょう。

「打撃の岡崎、守備走塁の勝呂、ガッツの川相」

今でもよーく覚えている。レギュラー・ショート争奪戦を評したこの一文。
要するに、川相は打撃では岡崎に及ばず、守備走塁では勝呂に及ばず、書かれている順番も3番目。

候補の中では、一番下の評価だったのだ。

そして、この評価は決して不当なものではなかった。
岡崎はもう3年ぐらい前からスタメンによく名を連ねていたし、勝呂は前年に彗星のごとく現れ、俊足好守のうえ、大野豊(この年の最優秀防御率)から延長決勝ホームランと、派手な活躍。
一方川相は、数年間も控えの選手どまり。福王、上田と扱いに大差なし。守備には定評があったけれど、それ以外に特筆すべき点はなく、打撃については非力と言われる事が多かった。バント名人として知られるようになるのは、もう少し先の話だ。本当に派手さとは無縁の選手。どうも目立たない。

詳しくは以前に作成した、この川相のページにも書かれているんだけど……。これも作ったのが03年初めだから、また作り直さないとなー。

川相ファンだった僕は、当然、この争奪戦では川相を一番応援していたし、クラスメイトにも、「レギュラー・ショートは絶対に川相!」とよく言っていたものだった。

しかし、この時本心では、「おそらくこの争奪戦、川相は負けるだろう」と思っていた。

だって、川相って本当に地味だもん。目立たないもん。打撃で遅れをとっているのは事実だったし、足も「そこそこ速い」ってレヴェルで、勝呂の方が速い。守備も上手い事は上手いけど、勝呂だって上手い。

ただ、「好きな選手だから頑張って欲しい」という気持ちから、ひたすら川相を応援していたのだ。

だからこそ、川相がレギュラーになった時は本当に嬉しかったし、"まさか"と、とても驚いた。

そう、川相は守備だけでなく、繋ぐ技術に活路を見出し、これを徹底的に磨きあけだのだ。あまりに有名すぎるバントだけではない。難しい球をカットして投手を消耗させたり、右打ちをしたり、四球をとったり……。
泥臭く、才能に頼らずともチームに貢献できる野球。これぞ、まさに川相の野球。そして、藤田監督の提唱したスルメ野球だ。

そう、「ガッツの川相」という評価も正しかったのだ。この3人の中で一番闘争心が強く、一番努力家だったのが、この川相だった(と思う)。

才能の差をガッツで凌駕したのだ。


そしてこの年、川相はなんとゴールデングラブ賞まで獲得する大飛躍!規定打席未到達だったけど。

その後の活躍は周知のとおり。
シーズン犠打日本新記録達成、ベストナイン獲得、通算犠打日本新記録達成、そして、通算犠打世界新記録達成!

王監督時代、目立たなくて目立たなくて仕方のなかった川相が、ついに世界プロ野球史に名を残す選手となったのだ!!

そして今、42歳だよ!まさか42歳まで現役だなんて、20年前には一体誰が想像しただろう。川相ファンだった僕ですら、川相がここまでやれるなんて、全く思っていなかったんだから!!

ありがとう、川相昌弘、そしてさようなら!川相昌弘!!

もっとも、3年前も同様に引退を悲しんでいたら、川相は引退を撤回し、肩透かしを食らったのも事実なのだが。

もちろん、現役続行は嬉しかったですよ。落合は巨人時代から、川相を高く評価していたそうですし。背番号7番を与える、粋な計らいもさすが。
そして移籍1年目には、2本のサヨナラヒットだもんね。見事としか言いようがないよ………。

来年からは中日のコーチ。これからはずっと、中日の人間なのだろうか?
いずれは指導者として、巨人に戻って来て欲しいのだけど。でも過去のいざこざがあるから、和解しないと無理かなー?今でも巨人で、川相を慕っている選手は多いと思われるのだが。
今年は中日のメンタルアドヴィザーでもあった。巨人の選手は叩かれ易いせいか、メンタルが弱いので、その点でも貢献して欲しいと思ったりする。

ちなみに川相のプロ初犠打、以前にテレビのVTRで観た事があるのですが、確か三塁方向へ打球を殺した、実に巧いバントでした。それを観た江川氏も誉めてたっけ……。

それにしても、少年時代から観ている選手が、どんどんいなくなっていくのは寂しい。
桑田がこのまま引退となったら、僕が野球を見始めた86年時、巨人に在籍していた選手は全員引退となる。

時の流れが切ない。

今日、僕は29歳になった。

Comment

編集
「イワモトコラム」の管理人です。
初めて、書き込みさせていただきます。

私にとっての川相は日本一
いや世界一のバント職人でした。

1番 緒方、2番 川相のころがなつかしいです。
川相選手がバッターボックスに立ち、ランナーがいると相手も送りバントってわかってて、守備がそのシフトをひいてきても成功させるというすごい技術を持ってます。

巨人フロントとの確執で、中日に行ってしまったときは、残念でしたね・・・。

今後は中日のコーチとして残るようで・・・。
川相さん今までお疲れ様でした。
2006年10月15日(Sun) 10:39
編集
イワモトさん、コメントありがとうございます。僕にとっても、川相への思い入れは強いだけに残念です……。
緒方と川相のコンビは、今のところ、巨人にとって最後の1・2番コンビらしい、1・2番コンビだったと思います。
このまま中日の人間として、野球人生を歩むのでしょうか。いずれ巨人に戻って来て欲しいだけに、気になるところです。
2006年10月15日(Sun) 23:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL