山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP山下大輔報告2013年 ≫ 天然茶髪と白髪

天然茶髪と白髪

僕には白髪があります。だって、36歳ですから。

5年くらい前から増え始めまして、今ではそこそこの量です。

とは言っても、まだ36歳のお兄さんですから、髪が長い時は、埋もれて目立ちません。でも、短く切ると、結構目立つのです。特に耳の付近はロマンスグレイです。ダンディですね。

僕は欧州へ旅行に行くと、15%ぐらいの確率で、現地の人に「Boy」と呼ばれます。僕はこの「Boy」と呼ばれるたびに、「よし、自分はまだまだいける」と、よく分からない自信を深めるのですが、この白髪交じりだと、もう、「Boy」と呼ばれるか分かりません。

そこで、髪を染めようかなと考えました。

でも僕の場合、一見黒髪なのですが、実は濃茶なのです。染めたり、脱色しているのではなく、天然の濃茶です。下の毛も茶色なのが、天然である事の何よりの証拠です。



濃茶色だったら、濃茶色に染めれば良いじゃん、と思われるかもしれませんが、事はそう簡単ではないのです。

天然の茶髪には、染めたり脱色した茶色にはない、軽い質感があります。日光に当たった時が分かりやすく、天然の茶髪は透明感ある光を放ちます。染めたり、脱色した茶髪だと、こうならないのですよ。

この天然の茶髪は母親譲りと言いますか、山下家直系の者(僕は母方が実家)は、茶髪になるみたいです。

「染めた茶色は、どうしても同じ色にならない……。元のような、軽い感じにならない」

天然の茶髪で、そして、僕より明るい茶色だった母親は、白髪を染めるたびに、よくそう言ってました。

僕も愛着ある天然茶髪なだけに、染めるのを躊躇しています。それに、染めた時点で、老いへの敗北感もありそうで、無駄に意地を張っていたりします。

どなたか、白髪をなくす良い方法を僕に教えて頂けないでしょうか?白髪が目立つと、まだ36歳のお兄さんなのに、おじさんに見えてしまって不本意なのです。

Comment

白髪をなくす方法ではありませんが・・
編集
嘘か本当か分かりませんが、アロマテラピーで使うカメリアオイル(椿油)には白髪をできにくくする効果があるような話をときどき目にします。

私はときどき入浴前に髪に塗って15分くらい経ってから洗い流したりしております。

椿油は普通のキャリアオイルと違って、薬局やスーパーでも「大島椿油」が手に入りますので(中部地区だけだったらすみません)便利であります。
2013年11月28日(Thu) 22:00
ありがとうございます!
編集
カッタウェイさん、ご助言、どうもありがとうございます!

実は僕、昨年2月に帰省した際、靴クリームを作るのに使えないかな?と思い、長崎名産の椿油を買ったのですが、結局、開封しないまま放置しておりました(笑)。

こちら、早速、髪に使ってみようと思います!僕にとって、うってつけの情報でした。どうもありがとうございます!
2013年11月28日(Thu) 22:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL