FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP野球 ≫ ワールド・ベースボール・クラシックにて、アメリカ代表がベストメンバーで臨み本気全開でプレイする方法

ワールド・ベースボール・クラシックにて、アメリカ代表がベストメンバーで臨み本気全開でプレイする方法

今回のWBC、イタリアやオランダの健闘が興味を引く一方で、アメリカにキューバ、韓国と言った強豪国が既に敗退と、過去の大会とは違った面白さがありますね。

我らが日本は順当にベスト4進出。巡り会わせが良かったのもありますが、WBCの覇者として及第点の成績ですよね。メジャーリーガーなしでもここまでやれるのですから、日本野球は、やはり世界のトップレヴェルですね。

しかし虚しくなるのが、世界一の野球大国、アメリカが今回も本気で臨んでない事です。これでは、WBCでどんなに好結果を残しても、心の底から喜べないですよね。

そこで、ふと思いついたのが、WBCの実績世界一の日本が、図々しいのは百も承知で、でもあえて、「日本は野球が世界一強い国」と、世界中のメディアで連呼し続ければ、アメリカも癪に障って、本気で臨んでくれるんじゃないかなあ?と考えました。早い話、アメリカを挑発するのです。

かなり姑息で、日本人らしい謙譲の美に、著しく反する行為です。僕としてもこう言うのは好きじゃないのですが、アメリカには結構有効な手段ではないかなあ?と思いました。

もっとも、これをやったら、日本人メジャーリーガーたち、アメリカでの風当たりが厳しくなるんだろうなあ……。

「(アメリカ野球を)追い越したとは全く思わない。ただ、どこかで認めてくれる存在になったかなとは思う」

前回のWBC準決勝にて、日本がアメリカに勝利した時の、原辰徳監督のコメント。僕はこの謙虚なコメントが好きなのですが、いつまでも謙虚なままでは、アメリカはふんぞり返ったままのような気がしてなりません。

アメリカと日本のベストメンバー同士が本気で激突する試合を、僕は心底観てみたいのです。

まあ、球数制限もさっさとなくして欲しいんですけどね。

Comment

編集
お久しぶりです、山下さん。
日本負けてしまいましたね、残念ながら。まあ良くやったと思います。代表の選手には今シーズン特に頑張ってほしいです。長野は精神的に引きずるかもしれませんね、心配です。

僕はアメリカはこんなもんだと思っています(笑)。短期決戦であれば10大会やれば半分は日本が優勝すると思います。10シーズンであればほとんどアメリカが勝と思いますが(笑)。
2013年03月18日(Mon) 20:28
編集
笙一郎さん、ベスト4、十分ですよね。頑張ってくれた代表選手たちをねぎらいたいです!

確かに、短期決戦とペナントでは、違った強さが求められますよね。今回のイタリアやオランダの健闘も、短期決戦の面白さが出ましたねー。
2013年03月19日(Tue) 05:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL