山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ サンタクロースを信じている子供たちTOP山下大輔報告2012年 ≫ サンタクロースを信じている子供たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

サンタクロースを信じている子供たち

クリスマスが終わりましたね。

サンタクロースを信じている子供たち、純粋で無邪気ですね。

「ウチの子は、まだサンタクロースを信じている」

小学校低学年のお子さんをお持ちの親御さんから、そんな声を聞いたりもします。

でも、性格が捻くれすぎている嫌らしいおじさんの僕は、疑問を抱かずにいられません。大昔ならいざ知らず、現在は膨大な情報にあふれすぎている時代です。

サンタクロース=親

なんて、普通に生活していたら余裕で分かるんじゃないでしょうか。もちろん、世間をほとんど知らない、幼少のお子様は別ですけどね。



テレビ番組やマンガでは、このサンタクロース=親が、よくネタで使われますし、子供でも気付かない方が不自然と言うか。

「サンタってお父さんやお母さんがやってるんだよ~」

僕が小学1年生ぐらいの時、友達同士で、こんな会話は普通に行われていました。

僕自身について言えば、クリスマスの存在を知ったと同時に、サンタクロース=親と言うのも知りました(わぁ)。もっとも、小学3年生ぐらいまで、サンタの存在を信じているふりをしていました(わわぁ)。

ある年齢以上のお子様なら、真実は知っているけど、あえて黙っているんじゃないでしょうか。

サンタクロースと言うのは、「本当の事は知っているけど、知らないふりをする子供」と、「子供は真相に気付いているんだろうけど、それに気付いてないふりをする親」で成り立っている場合が多々ありと、常々思っている僕は、「そんな事、本当は皆とっくに分かってるんだよ。わざわざ口にするような事じゃねーだろ(超弩呆れ)」と突っ込みを入れられて然るべきな奴なのでしょうか。

このサンタクロースのイヴェントは、何かに似ています。

「なんでロープに振った相手が、必ず戻って来るんだよ。何かおかしくね?」
「コーナーポストに上っている間に逃げればいいのに、何で倒れたままなんだよ。何かおかしくね?」
「なんでアン○ニオ○木の試合は、必ずジャーマン・スープレックスで終わるんだよ。何かおかしくね?」

そうやって感付きつつも、皆楽しんでいます。こう言った精神があって成り立つのも、それはそれで良いかなと思ったりもします。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。