山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ あれから11年、大棟梁・阿部慎之助TOP野球 ≫ あれから11年、大棟梁・阿部慎之助

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

あれから11年、大棟梁・阿部慎之助

日本シリーズ、巨人が2連勝して、ファンとしては嬉しいです。気を緩めず、日本一となって欲しいですね。

2戦目では先発の澤村拓一投手がサインを見落とし、阿部慎之助選手に頭をはたかれるシーンがクローズ・アップされておりますね。

思い出しますね。かつて阿部選手はルーキー時代、試合中に先輩の西山一宇投手とサインが合わず、マウンドに呼びつけられて説教された事がありました。もっとも、その説教した西山投手は、その直後にヒットを打たれたんだけどね……。

あれから11年、現在の阿部選手は風格漂い、打撃に守備に、そして心に、誰もが認める巨人の大黒柱。おそらく、巨人史上最高の捕手でしょう。その姿はたまらなくカッコ良く、そして頼もしいです。たまにギャグ外すけど。本当にでかくなり、一巨人ファンとしてひたすら感慨深いです。

こう言う選手成長のドラマが観られるのも、スポーツ観戦の楽しみですよね。

参考までに、僕が10年前に書いた、西山一宇投手の紹介ページ。西山投手の引退とともに、このページもサイトから外れておりますが、いつか加筆して、サイトに復活させたいですね。

Comment

編集
こんばんは。少し興ざめな判定はありましたが、吉川、武田を打ち、糸井、中田に仕事をさせなかった故、巨人の日本一で異論はないのではないでしょうか。以下雑感です。
・栗山監督はリーダーとしては課長・部長クラスで社長の器ではないと思いました。あの憔悴し切った顔を見たら選手は力を出せないでしょう。もっとどっしり構えないとね。
・ボウカー、マシソン、エドガー(お気に入り)の外人トリオが仕事をしました。ボウカーの来年の処遇は?左投げの1塁手は見てて安心感があるのですが8番の外人というのもなんだかな・・・ 
・本シリーズは宮国、中村の投げ合いが一番見応えありました。恐いもの知らずのこの2人、今後「怖さ」を知ってからどうなるのか楽しみ。
2012年11月04日(Sun) 01:58
編集
栗山監督、指導者経験なく、リーグ優勝したのは個人的には驚きました。ボウカーは日本シリーズでようやく本領発揮しましたよね(笑)。ポストシーズンで意外性のあるタイプが8番にいるのは価値がありますが、外国人選手枠を埋めるのももったいないですよね……。
日本シリーズでの宮國の先発試合、僕は残念ながら、宮國が降板してから観ました(笑)。宮國はバランスのとれた好投手ですよね。エースになれる器と期待しています!
2012年11月05日(Mon) 04:37












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。