FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOPマンガ ≫ 「キン肉マン」が教えてくれる

「キン肉マン」が教えてくれる

「キン肉マン」39巻


昨日、「キン肉マン」39巻を買いました。発売日から、約一ヶ月以上遅れての購入です。


初版ではなく、第2刷と言う事実に、軽い敗北感を覚えます。


「キン肉マン」39巻版数


実のところ、発売日から3・4日後に買いに行ったのですが、その頃はどの本屋でも売り切れでした。この今なお絶大なる人気、さすがは僕たちのキン肉マン、週刊少年ジャンプ黄金期の偉大な4番打者と思わされます。

この新シリーズとなった「キン肉マン」にて、悪魔超人たちとの再会を果たし、今や日本全国、完全に童心となっているおじさんばかりなのでしょう。

例えば僕は、この39巻にて、グランドキャニオンにザ・魔雲天が登場した瞬間、ナックルパートで猛攻をかけたテリーマンの勇姿、あの名場面が脳裏をよぎったものです。

「あ~っと テリーがいった~っ!!」
「口先だけの友情じゃない」
「おたがいの戦いの中から うまれた友情なんだ!!」

小学生の時、一体何度読み返したか分からず、「キン肉マン」にまみれて過ごしていた僕、「キン肉マン」ブーム真っ只中で育ちましたから、その凄さは身に染みて分かっております。

そして大人となった今、「キン肉マン」はやっぱり凄いと再認識させられます。何が凄いってこの点です。

社会の現実を見せてくれていた事です。



社会の現実とは何でしょうか?


理屈に合わない、腑に落ちない、不合理な事があっても、それは勢いとパワーでうち消す事ができる。

このとてつもない社会の現実を、「キン肉マン」は少年漫画誌で見せてくれていたのです。

社会に出ると、理不尽な事がたびたびあります。

「それっておかしいよ」

その理不尽に、そう抗議したくとも、周りの雰囲気や勢いに流されて、抗議できない、またはし辛い、もしくは了承せざるをえない場面があります。そんな場面は、大人になればなるほど顕著です。

その時、ハッと気付くのです。

あっ、これって「キン肉マン」じゃん。と。

(「北斗の拳」じゃんとも言う)

そう、「キン肉マン」は、おかしい点があっても、そのおかしい点なんて勢いとパワーでなかった事にして、その勢いのまま突っ走り、挙句の果てには頂点まで極められる場合もある、そんなとてつもない現実に、チビッ子のうちから、耐性をつけてくれる作品だったのです。

「キン肉マン」が、友情パワー、努力、勝利のみならず、社会の現実に耐性までつけてくれる作品と気付いた時、それは精神的に大人になった、一つの証明なのかもしれません。

そんなの僕だけかもしれませんが。

Comment

編集
こんばんは、山下さん。梅雨が明けて靴日和と思えば雨ですね~。

キン肉マン懐かしいですね!ってまだやってるんですか!?しかもザ・マウンテン…柔道着の?あれ?11巻くらいで死にませんでしたっけ?タッチも再開したと聞きましたが…いかん確かめねば(笑)。

WBC不参加になりましたね。外から見ればなんで?と思いますが、事情があるんでしょうね残念です。
2012年07月21日(Sat) 01:05
編集
「キン肉マン」は、週刊プレイボーイのWebコミックで復活したのですよ~。webでしたら無料で読めますし、後日、単行本化もされます(笑)。現在、新シリーズとして38・39巻が出ておりますが、めちゃ面白くてお薦めです!

WBCの不参加、新井会長の言うように、5年後、10年後を考えれば、辞退は賢明のように思えました。収益のみならず、球数制限や審判の問題とか、疑問点が解決された国際大会が是非行われて欲しいですー!
2012年07月22日(Sun) 12:01












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL