山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP靴・服飾 ≫ 靴オタクにとってのシュー・トゥリー

靴オタクにとってのシュー・トゥリー

所有するシュー・トゥリーたち

靴オタクの必須道具の一つに、シュー・トゥリーがあります。

シュー・トゥリーの役割は、言うまでもなく靴の形状を元に戻し、靴を長持ちさせる事ですね。

そのシュー・トゥリーですが、実は、その人が靴オタクかどうかの、判断材料にも使えるんです。

と言いますか、まずシュー・トゥリーと言う言葉を使う時点で、その方は靴オタクである可能性が十分考えられますよね。靴オタクではない人は、シュー・キーパーと呼ぶ人が多いと思いますから。

さて、高級靴店なり、百貨店の靴売り場に行ってみて下さい。高級靴には大抵、スプリング式シュー・トゥリーが装着されておりますが、その高級靴を片手で持ち上げ、もう片方の手で、スプリング式シュー・トゥリーをスムーズに着脱させている方が、ちらほら見られます。

もうお分かりですね?その方は、高確率で靴オタク危険です。近寄らない事をお薦めします。もちろん、僕自身もやたらと着脱がスムーズな奴である事は言うまでもありません。

靴オタクの方なら、身に覚えがあるはずです。

靴オタク初心者の頃は、靴を床に置いた状態でないと、スプリング式シュー・トゥリーが着脱できなかった事を。

シュー・トゥリーを着脱させる際、抜き差しする角度や、スプリングに対しての力の入れ具合の、コツが分からないんですよね。

それが、ある程度月日が経つと、あら不思議、床に靴を置かずとも、片手で靴を持ち上げた状態で、するりとスプリング式シュー・トゥリーをが着脱できるようになります。

「あれ、いつの間に……」

シュー・トゥリーに手こずった過去が嘘のよう。立派な靴オタクが誕生した瞬間です。

その一方で、靴売り場では、シュー・トゥリーをなかなか外せない、または外したはいいものの、そのシュー・トゥリーを元に戻せず、「お客様、私がやります」とスタッフさんを声をかけられている方もいらっしゃいます。少々カッコ悪くはありますが、こう言う方は、まだ靴オタクになりきれておりません。気軽に仲良くなって下さい。

高級靴ブームと言われて、もう10年以上が経過しました。昔、靴売り場では、「シュー・トゥリーを勝手に外さないで下さい」とか、「シュー・トゥリーを外す場合は、店員に一声おかけ下さい」とか言う文は、どこにも見られませんでしたが、最近ではしばしば目にします。高級靴が、それだけ世に根付いたのを実感しますね。

そんな靴オタクとって身近な存在であるシュー・トゥリーですが、気になるのは、靴を履いた後、どのタイミングでシュー・トゥリーを装着するかですね。

このタイミングについても人それぞれだと思いますが、僭越ながら、一応靴オタク歴(たったの)10数年の僕の場合を書いてみようと思います。



まず、僕が高級靴好きになって間もない頃……。


1:帰宅して、靴を脱いだらその日のうちに、シュー・トゥリーを装着。


1のタイミングである理由は、ただ単純に、靴をなるべく早く、元の形に戻したかったからです。おそらく多数の方が、この1のタイミングではないでしょうか。

しかし、1年ほど経って気付いたのです。1の方法だと、履いた翌日に、靴の内部、そしてシュー・トゥリーを触ってみると、湿気が感じられるんですね(その湿気も靴やトゥリーによって差がありますけど)。

「湿気がある状態で、シュー・トゥリーで靴内部を封鎖してしまっては、その水分で靴が傷んでしまうのでは?」

そう考えた心配性の僕は、それ以後、シュー・トゥリー装着のタイミングを変えました。


2:靴を脱いだ後、丸一日そのままにして湿気を放出。その後にシュー・トゥリーを装着。


これをしばらく続けていたのですが、それから数年の後、さらに分かった事があるのです。

一日履いた直後の靴は、当然、体温で温まっております。

そして、靴を脱いで体温が冷めていくと、それとともに、靴は履いた直後の反り返った形状のまま、固まっていきますよね。

その、ある程度革が固まった状態でシュー・トゥリーを入れても、靴を元の形状に戻すのは苦しいのでは?と思うようになりました。

結構な雨を歩いた後だと、それがなお顕著になります。革は熱気だけでなく、水分でも変形しやすく、さらに収縮もしやすくなります。そのため、雨の中を歩いた後、すぐにシュー・トゥリーを入れないと、変形はおろか、サイズが少々小さくなる場合もあります(経験有)。そして、小さくなった靴を元に戻すには、結構な時間や手間を要しますし、革への負担も大きいと思います。

これはまずい思った僕。現在に至る、僕のシュー・トゥリーを装着するタイミングは……。


3:帰宅してすぐ、靴にまだ体温が残っていて、変形しやすい、つまり、元に戻りやすい状態のうちにシュー・トゥリーを装着。

そして、丸一日ほどそのままにして、靴が熱気から冷め、状態が落ち着いた頃にシュー・トゥリーを抜く。

その状態で、さらに丸一日放置。もちろん、靴内部の湿気を取り除くのが目的です。

その後に、再びシュー・トゥリーを装着。これでようやく完了です。


面倒くさい!



面倒くさい。本当に面倒くさいです。面倒くさすぎて、なぜこんなに手間をかけなくてはならないのかと、いつも自問自答しています。でも、そうまでしないと精神的に落ち着かない、自分がいたりします。おそらく、こんな気を使わなくとも、靴への影響にそれほど差がないのは、何となく分かっているのですが、それでも気を配らずにいられないのです。

たかがシュー・トゥリーに気を使いすぎの自分、ちょっとカッコ悪い。

もしよろしければ、どなたか、他にこんな良い方法があるよ!と言うのがございましたら、教えてやって下さい。




【靴メンテナンス関連記事】
靴磨きは13年にして成らずだが一日にして成るんじゃないの?
靴オタクだから「靴磨きは難しい」と言うのであります
KIWI各種
ニュートラルの靴クリーム
「靴磨き」と「靴のお手入れ」と「Shoe shine」と「Shoe care」と
・マレーシア製KIWIとシンガポール製KIWI
・Shoe care goods of TONINO and Ralf Poppe in Köln(ケルンのトニノのシューケア用品とラルフ・ポッペ)
・If holding a shoe shine contest in Japan,,,,,,(もし、日本で靴磨きコンテストを開催するなら……)

Comment

今さらですが、ツリーって大事ですよね・・。
編集
お気持ち痛いほど分かります。昨年、濡らした靴を皺が入ったまま数日放置してしまい、ツリーを入れたら軽くクラックが入って落ち込みました。
完全に乾く前にツリーを入れて皺を伸ばすことの重要さを再認識し、普段も脱いだらすぐツリーを入れるようになりました。ツリーが湿気を取る効果は殆んど期待できないばかりか、仰るように湿気がこもる原因になるのは承知しているのですが、「カビなければいいじゃん」と入れたツリーはそのままにしてあります。気休めとして湿気取りを玄関に置いていますが・・・。
あとは、今さらですが、「木型・サイズ・ウィズごとにツリーを用意している場合は、純正ツリーを買ったほうがいい」ことを今になって思い知らされています。
2012年05月09日(Wed) 21:27
編集
ご無沙汰しております。
いつもながら靴に対する学究的な考察に敬服いたしました。
私は相当ものぐさなので、脱いだらすぐ入れて、入れたら入れっぱなしです。
確かにツリーを抜いたときに湿り気を感じることはありますが、それが原因で黴びたことはないし、おそらく臭うようなこともないと思います(気づいていないだけかも・・・)。
カッタウェイさんと同意見です。

ただ、今日もそうですが雨に濡れたときには吸水性という点でちょっと心配なので、ツリーに履き古した靴下を被せて突っ込んでいます。どれだけ効果があるのかは定かではありませんが・・・。

余談ですが、靴読本でU.WのN氏が、脱いだら一日ツリーを入れずにおいておく、雨に濡れたら新聞紙を入れておく、と仰っていますが、前者については時間が経ってから入れるのはツリーの効果が半減すると思われますし、後者についても靴の反り返りを戻すという点からするとツリーには劣ると思いますので正直、疑問を感じます。
2012年05月10日(Thu) 02:53
編集
>カッタウェイさん
僕のクロケット&ジョーンズも、一度、相当な雨に打たれてサイズが幾分小さくなってしまい、それから時間をかけて元に戻したのですが、少し後にクラックが入ってしまったので、もしかしたら、あの雨もクラックの要因の一つだったのかなー、なんて思っております(笑)。
僕も「カビなければいいじゃん」と、トゥリーを入れっ放しにしたいのですが、どうも心配になってしまい(笑)、一旦トゥリーを抜いてしまいます……。
そして僕も、純正トゥリーがある場合は、大抵純正を使っております。やっぱり、靴に沿って入り込むトゥリーは良いですよね♪


>羊ぬけさん
ご無沙汰でございます。そして、ありがとうございます。ただ僕の場合、学究的と言うより、無駄に気を使いすぎなだけかと思いますー。
本当、仰いますとおり、トゥリーを入れっ放しにしても、かびたりしないですよね。ただ、気を使いすぎの僕は、いったん抜いてしまいます(笑)。

トゥリーに靴下をかぶせる方法、良さそうですね!僕も湿気除去の際に、試してみようと思いますー。

雨に濡れたら新聞紙を入れる、僕もこれまで何度も実行していたのですが、少しの雨ならそれで問題なくとも、結構な雨に打たれた後だと、仰いますとおり、新聞紙じゃ戻らないですよね……。その後、元に戻すのは、それなりに時間がかかりますです。
なので僕は、結構な雨に打たれた場合、まず表面の雨を拭き取ってから、トゥリーを丸一日入れて形を戻し、その後、新聞紙を入れたりして、内部の湿気とりに入っておりますー。
2012年05月11日(Fri) 06:35
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012年06月10日(Sun) 13:21
編集
>隠しコメントさん
このシュー・トゥリーは、エドワード・グリーンがビスポークも行っていた際に、仮縫い用に使っていた物だそうです。下記ページにも掲載したトゥリーですー。

http://dyshoes.fc2web.com/egbespokemeeting0827.htm
2012年06月10日(Sun) 14:25
編集
ユニオンの中川代表は翌朝入れるのを推奨されてますが、私自身は自分の就寝直前に入れています。
心の中で靴に「一日お疲れ、お休みー♪」と声を掛けてるかもしれませんw
2014年11月10日(Mon) 12:52
お疲れ様
編集
特に長時間歩いた日だと、その靴に対して、お疲れ様でしたと言う気持ちになりますね☆。
2014年11月11日(Tue) 07:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL