山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP野球 ≫ 桑田のシュート

桑田のシュート

桑田、今年からシュートを復活させるとの事。

桑田がシュートを多投しだしたのは、89年ごろからだったろうか。

桑田のシュートはガルベスが投げていた「沈むシュート」とは違い、
右へビシーッと伸びる、元ヤクルトの川崎と似たタイプ。

「意識して投げるナチュラルシュート」といった具合で、
変化に角度はないが、そのかわり球速がある。
そのため、「高速シュート」とも呼ばれた。

このシュートが一番効果をあげたのは94年だろうか。
左打者のアウトハイいっぱいにピシリと突き刺し、見送り三振をとっていたのが忘れられない。
コントロールが素晴らしく良くて、ストライクゾーンギリギリだから、手が出ないんですよね。球速もあるから見極め辛いし。

ヤクルトの池山は、桑田のもっとも警戒すべき球はシュートと語った。

でもその頃の桑田は、膝元を襲う130キロ台のスライダーも良かったし、
得意のカーブも相変わらず良く曲がった。SFFもキレた。
そして何と言っても、それらの球種を支えていたのは、最終回に突入しても衰えない、145キロ以上のストレート。
いざとなったら小細工なしで、無理矢理抑え込める威力があったのだ。

怪我以後の桑田は、カーブを軸にピッチングをするようになったが、
それ以前は、カーブはカウントを整える見せ球に使うことが多かった。
緩いボールなだけに、一発を浴びるのが恐かったのだろう。裏を返せば、カーブを決め球に使わずとも、打者を打ち取れる球威があったとも言える。

球種は多彩のうえ、どれもコントロールが抜群。しかもキレがある万能型投手だった桑田。

肘の大怪我を負ってからは、それをかばうためか、ほとんど投げなくなったシュート。
それが今年になって復活する。ストレートに勢いがない状態での「高速シュート」。果たして、どれだけの効果が上がるのか……。
そして当然、シュート復活には、肘の怪我が再発する危険だって伴う。

これで駄目なら、もう打つ手はないだろう。もはや捨て身の桑田。

天才野球選手よ、もう一度奇跡を!!!

Comment

編集
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/を見ていたら、リンクしてあったので、見にきました。又見にきまーす!
2006年03月05日(Sun) 23:50
編集
ありがとうございます!またいらして下さ~い!
2006年03月06日(Mon) 02:00












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL