山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「靴好きが申す」を再構成TOPサイト更新報告 ≫ 「靴好きが申す」を再構成

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「靴好きが申す」を再構成

「Shoes」ページにあるアンケート・ページ、「靴好きが申す」を更新しました。

「一番思い入れのある既製靴ブランド!」と「応援中のBespoke shoe maker!」の投票を終了しまして、その結果を掲載。

そして、「一番思い入れのある既製靴ブランド!」を「日本」と「海外」と分けて再スタート。
「応援中のBespoke shoe maker!」も「日本」と「海外」に分けて再スタートです。

どのアンケート・ページでも、投票コメントにユーザーさんそれぞれの思いが伝わって来て、個人的にはとても楽しめます……。皆様、よろしければ、どんどんコメントをお寄せ下さい!

それにしても、ここ10年で日本で扱われる靴ブランドが大爆激増しました。日本が世界一、高級靴ブランドを揃えている国です。

さらに日本では、ビスポーク・シュー・メイカーも爆発的に増えていて、しかもまだまだ増えそうな気配があります。

日本の高級靴の勢いは、間違いなく、ダントツぶっちぎりで世界一と思われますが、もう飽和状態に達しているだけに、本当に大丈夫なのかとも思ったりします……。

もっとも、ドイツやオーストリアはマイスター制度があるだけに、日本以上にビスポーク・シュー・メイカーは多いのですが、日本人職人さんほど作り込んでなく、仕事もイマイチなんですよね(作り込んでいるメイカーも少ないながらあります)。

ただ、ドイツやオーストリアの場合、価格が安かったり、職人さんそれぞれがラストメイキングやフィッティングを理論的に学んでいたりと、長所ももちろんあります。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。