山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ Wacker's Kaffeeのハワイ・コナとコロンビアTOP珈琲 ≫ Wacker's Kaffeeのハワイ・コナとコロンビア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Wacker's Kaffeeのハワイ・コナとコロンビア

Wacker's Kaffee のレポート、前回からの続き。

Wacker's Kaffeeでは珈琲豆も買って来ました。お店で飲んだらマシンドリップですし、やはり自分で挽いて淹れてみて、豆そのもののクォリティを確かめたかったのです。

購入したのは、コロンビア。

ヴァッカーズ・カフィのコロンビア


日本で珈琲豆を買うと、酸化防止のため、できるだけ空気に触れないように密封しますが、こちらはただ紙で包んだだけ(笑)。スタンスの違いが伺えますね。

そして、ハワイ・コナです。

ヴァッカーズ・カフィのハワイ・コナ


3年前に買ったブルーマウンテンと同様、ハワイ・コナはこのお店でも高級品なので、アルミパックによる密封です。しかしこのアルミパック、日本珈琲豆屋さんのように、注文後に包むのではなく、店内にあらかじめ包まれた物が置いているんですよね。果たして、一体いつ焙煎した豆やら……。

価格は合計で6ユーロ。ハワイ・コナが100gで5ユーロなので、コロンビアは100gあたり1ユーロと言う事でしょうか。な、何だか随分安いぞ……。ドイツの場合、珈琲は庶民のために安くあるべきと言う考えでしょうか。

日本に帰国後、早速飲んでみました。



結果としては、お店で飲んだ珈琲より味が深まります。やはりハンドドリップだと違う!

でもね……、やっぱり日本で買うスペシャリティ・コーヒーと比べたら劣るんですよ。このWacker's Kaffeeを飲んだ後に、スペシャリティ・コーヒーを飲むと、その差が歴然としていてがっかりします。

ドイツには、Tchibo(チボー)と言う大手珈琲業者があるのですが、そのTchiboでも価格が高いもので、500gで6ユーロ(正確には5.99ユーロ)です。

チボー・コーヒー


チボー・コーヒー


チボー・コーヒー


Tchiboはデパートでパックで売られており、要するに大衆珈琲です。価格だけでクォリティが決まるとは限りませんが、それでもあえて価格で考えるならば、このWacker's Kaffeeも、チボーと同クォリティと言う事でしょうか。それならば、この味も当然かなと思う。

ただ、Wacker's Kaffeeの店内では、”スペシャリティ・コーヒー”と称して、エクアドルのヴィルカバンバ?の豆が売られていました。

ヴァッカーズ・カフィのスペシャリティ・コーヒー


こちらの価格は、500gで9.8ユーロ。Wacker's Kaffeeの中では高い部類ですが、スペシャリティ・コーヒーにしては随分安いですな……。

日本でのスペシャリティ・コーヒー価格が高すぎるのか、欧州ではこの価格が標準なのか、それとも、このWacker's Kaffeeのスペシャリティ・コーヒーは名ばかりで、クォリティは大した事ないのか?さて、どれなのでしょう……。こちらの珈琲も、買って来れば良かった。

ちなみに25日、ハワイ・コナのスペシャリティ・コーヒー、グリーンウェル農園の豆を入手したのですが、その味の素晴らしい事!爽やかでジューシー、甘い酸味がスカッと抜けて、後口のキレも良い。何より、味の輪郭がハッキリとしているので、ハワイ・コナの特長が確かに実感できるのだ。

「これ!これだよハワイ・コナ!」


そう言いたくなります。Wacker's Kaffeeのハワイ・コナも悪くはないものの、グリーンウェル農園と比べたら、味がぼやけていますね。

もっとも、グリーンウェル農園は約100gで1,000円(お店によって少し差がある)。対して、Wacker's Kaffeeのハワイ・コナは100gで5ユーロ(約625円)。味に差があるのも当たり前ですね……。

グリーンウェル農園、100gだけしか買わなくて失敗しました。こんなに美味いと分かっていれば、もっと買って来れば良かったです。今度、隠房まで買い足しに行かなくては!まだ残っているかなー?

珈琲の国のはずのドイツですが、今のところ、僕はまだドイツで美味しい珈琲に巡り会えておりませぬ。いつかベルリン、ドレスデンにも行って、その味を確かめなくては!もちろん、他の国も……。

なお今回、Wacker's Kaffeeではアッサム・ティーも買って来ました。こちらはまだ開封してないのですが、果たしてお味はいかほどのものでしょうか。価格は500gで10.5ユーロ。やっぱり安いですね。

ヴァッカーズ・カフィのアッサム・ティー


それにしてもここ2年ほど、日本で買うアッサム・ティー、甘みに乏しくなってきているのは気のせいでしょうか。僕が買っている品が良くないのかな……。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。