山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP靴・服飾 ≫ 2009年フォスター&サン日本受注会のご案内

2009年フォスター&サン日本受注会のご案内

2009年フォスター&サン日本受注会のご案内

★フォスター&サン公式案内です★

ロンドンのビスポーク・シュー・メイカー、フォスター&サンが、東京にてビスポーク・トランク・ショーを開催致します。僭越ですが、拙サイトにてご案内をさせて頂きます。

日程:2009年9月24日(木)午後~2009年9月29日(月)。
    個別アポイント形式による完全予約制です。アポイント日時は、先着順に決定させて頂きます。

場所:ANAインターコンチネンタルホテル(旧東京全日空ホテル)
    地下鉄銀座線・南北線「溜池山王駅」13番出口より、徒歩1分。

価格:一足1,870£~。シュー・トゥリー込の場合、一足2,087£~。VAT免税後価格。配送料別。
    ※ロンドン本店と同価格です。

お支払方法:クレジット・カード、銀行送金のいずれかでお願い致します。注文後日、デポジットとして、価格の50%以上の金額をお支払い下さい。

仮縫い:約8ヶ月~。次回の日本受注会時に行います。完成までは1年~1年半。ただし、仮縫いでロンドン本店にお越し頂く場合は、製作時間短縮可能でございます。

納品:ロンドン本店でのお引取りか、ご配送、いずれかをお選び下さい。

機械化の進んだ昨今、フルハンドを謳う高額な著名ビスポーク・シュー・メイカーでも、漉き機やグラインダーなど、一部工程にマシンを使用し、芯材やウェルトと言った各種パーツも、出来合いの品を加工して用いるのは珍しくありません。機械の力で生産能力を高め、品質の個体差も少なくしようと言う狙いなのでしょう。また、工程を簡略化しても、出来に大きい差はないと言う判断だと思われます。

しかし、フォスター&サンはそんな風潮とは無縁に、現代においてなお、旧き良き時代の技術、工程を頑なに守り、ラストメイク、クリッキング、釣り込み、掬い縫い、出し縫いはもちろん、細かな各種パーツまでも全て、革の大判からハンドで切り出し、ハンドで漉き、注文主に合わせ、微調整をしながら作成していきます。使用する機械は、製甲(アッパー縫製)用ミシンのみ。このハンドならではの繊細な技術が、注文主の足に合う、複雑で、美しいライン、そして圧倒的なオーラを生み出すのです。

正真正銘のフルハンドメイドのみが織り成す、傑作の素晴らしさを、是非、この機会にお楽しみ下さい。
なお、フォスター&サン公式サイトの「OUR PRODUCTS」の項目に、サンプル写真が展示されております。ご参考にして頂ければと思います。

ご注文やご質問については、下の「受注会用フォーム」ボタンを押して頂きますと、専用フォームが出ます。こちらに必要事項をご記入のうえ、送信をお願い致します。追って、担当職人の松田笑子さんより、ご返信がございます。どんな些細な事でも、ご遠慮なく、お気軽にお問い合わせ下さい。

【受注会用フォーム】



【担当職人・松田笑子】
フォスター&サンが170年、そしてテリー・ムーアが50年以上蓄積した、知識と技術を継承する靴職人。
基本的に英国ビスポーク・シュー・メイカーは分業制を採っておりますが、松田さんはラストメイキングから仕上げまで出来る数少ない職人であり、全工程のクォリティ・コントロールを任されています。

以上でございます。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

※ 9月23日をもって、受付を締め切らせて頂きました。たくさんのお申込、誠にありがとうございました。(9月24日0時7分、追記)

Comment

始めまして
編集
始めまして、nekoと申します。
5年ほど前から山下さんの「Shoes」ページや靴談話帳を愉しく読まさせて頂きました。

実際、靴談話帳で書き込めばよかったのですが、少々事情がありまして、失礼だとは承知の上でこちらで書かさせて頂きました。

私が個人的に気になりますイギリスのビスポークメーカーはF&Sとジョージクレバリーかと思います。

主な理由としましては、作りやスタイルが良いだけでなく値段も抑えられているという点です。

それに加えまして、F&Sは笑子さんがおられますので末永くお付き合いできる点が大きいと思う次第です。

因みに、日本では気になる職人さんが多いため、申し上げられないのですが・・・

アト、ここから本題になるのですが、私は北海道に住んでいるのですが、東京でスーツを仕立てようと思う次第です。



それについてなのですが、至極恐縮なのですが個人的に詳しいお話しを山下さんとしたいと思いますので連絡戴ければ幸いです。

因みに、そのお店は以前山下さんの掲示板(靴談話帳?)で紹介されたことがございます。

今は、靴と服の他にもシャツやアスコットタイやネクタイをビスポークしております。

アト、そこでのビスポークと同等の作りと革を使用した既製品の靴が最近になって開発されました。


長々と駄文を書き連ねてしまいまして申し訳ありません。
もし、最後まで読んで戴ければ幸いです。

それでは、また
2009年09月07日(Mon) 15:03
編集
>nekoさん
はじめまして!山下大輔と申します。
失礼だなんて、とんでもございません。まったく問題ございませぬよ~。
F&S、僕としては大変気に入っておりますし、また皆様にも迷わずお薦めできます!あれだけ手がかかっていて、適正価格なのは嬉しい限りですし、松田さんも信頼できる方です。
ジョージ・クレヴァリーは僕は持っておりませんが、やはり評判よろしいですよね(笑)。
日本のビスポーク・シュー・メイカー、僕は経験がないのですが、大塚製靴と古幡さん、あとパターン・オーダーでo.e.さんと関さんに興味があります……。

アスコットタイやネクタイまでビスポークとは凄いですね!
メール送らせて頂きましたので、どうぞよろしくお願い致します。
2009年09月07日(Mon) 22:21












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL