FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP靴・服飾 ≫ 松室真一郎さんの靴磨き3か月半後

松室真一郎さんの靴磨き3か月半後

今日は天皇陛下の誕生日ですね。陛下、お誕生日おめでとうございます。いつか是非、お会いしたいものです。これからもお元気でいて下さい。

って、こう事を書いただけでも、「陛下に対して恐れ多い!」って怒られちゃうのかな?怖いなあ。

でも僕、真面目な話、一度でいいから天皇陛下とお会いしてみたいです。そして、いっしょに食事でもしたいです。

あ、でも僕は貧乏人なので、陛下が利用するような高級店には行けないや……。

なぜこんな事を書き出したのかと言えば、今回の記事、本当は23日にアップする予定だったのです。ですが、記事を書くのに手間取りまして、本日となりました。とは言え、せっかく書いた文章を消すのがもったいないので、掲載した次第です。僕って貧乏性ですね。

さて、9月9日、ビスポーク・シュー・シャイナーの松室真一郎さんベルルッティのアンディを磨いて頂きましたが。こちら↓が、現在のその様子です。

松室さんに磨いて頂いて3か月半後のアンディ


ちょっと上手く撮れてないかもですが……今でも、バッチリ輝いておりますね。9月9日以後、たまにブラッシングをかける程度で、僕は一度も磨いてないのですが、それでもこの輝きです。一度、雨の日に履いたりもしたのですが……やっぱり、プロの腕前は違いますね。

トウの拡大画像です。良い艶ですね。

松室さんに磨いて頂いて3か月半後のアンディのトウ

そして、こちら↑ですと、ちょっと分かりにくいのですが、こちら↓もご覧下さい。




松室さんに磨いて頂いて3か月半後のアンディのトウ拡大


点線で囲っている箇所、これ、撮影している僕が映り込んでおります。うっすら見える肌色が手、間にある銀色がカメラですね。3か月半経過してもこの光沢、お見事です。

松室さんご自身もお仕事は順調の様子。松室さんのBlogを読むと、しばしばシュー・イヴェントに登場されているようです……。

それで、先日、松室さんとお話しする機会がございまして、かなりビックリした事がございます。

何しろ、これだけ光沢のある靴磨き。蝋分の多いワックスを使って、かっちり仕上げているんだろうな、と思っていたのですが、なんとそうではないそうです。

松室さんが使用しているオリジナル・クリームは、

蝋分が少なく、

ケミカルな物質を使用せず、

その代わり、栄養分を何倍も入れているクリームだそうです!


そして、気温や湿度によって、そのクリームも色々変えているとの事。

これには驚嘆せずにいられませんでした。僕自身も鏡面仕上げを行う事はございますが、それはKIWIをはじめとした、蝋分の多いワックスを使用し、表面に膜を作り上げるためです。蝋分の力を借りないと無理です。

「蝋分が少ないクリームを使うので、これだけ光らせるのは大変です」

松室さんはそう語っておりました。至極もっともです。

さらに衝撃的な一言。

「蝋がなければ、食べられますよ」

つまりそれだけ、ケミカル素材が少ないと言う事です!!!

しかも、驚くのはそれだけに留まりませんでした。

なんと、磨く際の、使用水分も少ないそうです!

僕が鏡面仕上げをする際なんて、水をつけて、伸ばして、水をつけて、伸ばして、水をつけて、伸ばして……のとにかく繰り返しなのに。

ご自身で鏡面仕上げのご経験がある方なら、少ない蝋分、少ない水分での鏡面仕上げが、いかに困難であるか、お分かり頂けるはずです。と言いますか、普通はできません。

「これは、技術ももちろん、クリームが大事なんです」

確かに蝋分が少ないせいか、これだけ光りつつも、ひび割れの様子がございません(当たり前ですが)。

本当にどうやって行うのでしょう?ミステリーです。どれもこれも、松室さんオリジナルの靴磨き方法。これって、本当に革命かも……。人類史上初の方法かも………。

松室さんは、靴をこの光沢状態にまで仕上げるのに、磨いて、乾かしてと、どうしても6日以上は必要と話しておりました。松室さんの靴磨き料金は、一足2,100円。その価格の理由が分かろうものです。ここに至るまで、果たしてどれほどの研究を重ねたのでしょう?想像もつきません……。

また、松室さんは靴の水洗いサーヴィスも行っておりますが、これもご自身で考案した、独自の方法との事。う~ん、気になる……。

松室真一郎印の靴クリームとか販売されたら、きっと売れるだろうなあ……。

いえ、松室さんだけでなくて、井上源太郎さん、長谷川裕也さん、千葉尊さんの靴クリームとか販売されたら、きっと売れると思います。僕みたいな靴オタク、靴クリームで遊ぶの、大好きですからね~(笑)。

……以前に書いた、メイドさん印の靴クリームとかあったら売れるのでしょうか?売れたらイヤだな……………。

Comment

スゴイ
編集
山下大輔さん、こんばんは。

さすがプロの方の磨きは一味違いますね。
三ヶ月半経過して子の輝きとは…。
しかも水分が少ないって…考えられません。
ますます一度でいいから磨いてもらいたくなりました。
靴磨き、もう少しでいいから上手になりたいなぁ。。

経過の様子、写真と共にUPしてくださりよく分かりました。
今後の記事にも期待してます♪
2008年12月26日(Fri) 18:51
編集
>KENさん
自分で靴を磨くのも楽しいですが、プロの方にお願いして、一味違う技を堪能するのも楽しいですよね(笑)。
靴磨きやさんは、輝かせるだけでなく、革のケアも相談できますので、修理屋さんと同じく、靴磨きも"馴染み"のお店を持つと、また違うドレス・シューズの世界が見えてきます♪
水分少ない、僕も考えられません……僕では絶対不可能です。
2008年12月26日(Fri) 20:05
編集
ガジアーノ&ガーリングの長谷川と申します。トランクショーを2月8、9日にペニンシュラホテルでやります。£1850(ツリー込み)から。£が激安今のチャンスに是非!クラシックなラウンドのサンプルもそろえております。詳細はmasaichi@gazianogirling.com まで。
2009年01月18日(Sun) 02:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL