山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ ありがとう清水、さようなら清水、頑張れ清水!!!TOP野球 ≫ ありがとう清水、さようなら清水、頑張れ清水!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ありがとう清水、さようなら清水、頑張れ清水!!!

清水隆行選手が西武ライオンズへ移籍だそうです……………………。

何だか僕、今にも泣きそうなんですけど。

いつかこの日が来るかも……と予想はしていたのですが、いざ現実となると、あまりにも悲しすぎます。

移籍が、清水本人のためであるとは僕も重々承知しているのですが、それでも、あまりにも、惜しすぎる選手です。

清水は入団1年目からスタメンに入り、クリーンナップを打つ事すらあった大活躍。新人王候補にも当然名が挙がりました。

この時から、清水の打撃技術は光っていました。ストライクゾーンを一瞬で切り裂く超速スウィング、窮屈な内角球も一気に振り抜くキャノンライナー。

清水の打撃に、巨人の未来を見たのは僕だけじゃないはずです。

でも、監督が悪すぎました。入ったチームが悪すぎました。

確たる証拠がないのに、1年目から「清水は左に弱い」と勝手に決めつけられ、左投手相手だとベンチ行き。

だって当時、巨人には広沢がいたもんね。せっかく獲得した広沢を使わなきゃいけなかったもんね。

広沢ってヤクルト時代、外野手失格になっていた選手なのにね。



左キラーで鳴らした岸川が入った事もあったっけな。

シーズン終盤では、ちょっと活躍しただけの井上が入った事もあったな。

広沢と井上は、この年、打率1割台だったな。

ちゃんと分かっている解説者さんが、口を揃えて言っていたのを、僕はよーく覚えています。

「左投手相手でも、清水は使った方がいいですよ。清水はそんな選手じゃないですよ」

1年目の清水は、この左投手相手の時に外されてしまうのが影響して、規定打席未到達で終わります。これがネックとなって、清水は新人王のタイトルを仁志に奪われました。

仁志も確かに活躍したんですが、もし清水が規定打席に到達していたら、この年の新人王は清水だったと思います。

96年のシーズン終了後、落合博満氏は言いました。

「清水、あいつは凄い打者になるぞ」

また、松井秀喜氏と金田正一氏だったかで、こんな対談もありました。

「将来は3番清水、4番おまえ(松井)になりそうだな」


近い将来、きっとそうなるんだろうなあと僕も信じていましたよ。


97・98年と清水は2年連続3割、チーム最高打率を記録しました。広沢の力も衰え、だんだんと左投手相手でも起用されるようになって来ました。

しかし、99年に途中加入した右のスラッガー、ドミンゴ・マルティネス。

長嶋監督はこのマルティネスにレフトを守らせると言う、奇想天外な珍案で、またも清水を追い払った。

その年の契約更改では、ホームラン数が少ないと言う理由で清水は年俸があまり上がらず。

それならばと、翌00年はホームラン狙いに行くと、打撃を崩して成績下降と、もう踏んだり蹴ったり。

そして、長嶋監督の「清水は左に弱い」と言う信念は、この期に及んでも揺るぐ事なし。

01年も、清水は打率3割を打ちながら、代打に堀田や福井を出される屈辱を受けました。

ちなみに堀田は、この年、ノーヒットで終わった選手です。

また、この年はマルティネスも成績が下降したんですが、今度は元木がレフトを守るようになりました。

清水が積み上げて来た実績を、巨人は毎年踏みにじっていましたね。

ただ、この01年は、清水にとって相当悔しかったのか、代打やチャンスでは打ちまくっていました。

02年になって原辰徳監督が就任。ようやく真価が分かってくれる監督の登場です。そして、原監督が打ち出した堂々たるプラン。

「トップバッターは清水。レギュラー固定」

清水はトップバッターとして、ミート重視の打撃に切り替え。バットを寝かせ気味に構えて、ボールとの距離を短くしました。これが功を奏してか、かねてからの引っ張りだけでなく、外角球をセンター返しする技術も向上。

この年の清水は、打って打って打ちまくった。


毎試合のように、ヒットの雨あられ。元々、固め打ちの多い打者。イチローの持つ、シーズン最多安打記録も更新できる猛ペースだった。

しかし、記録が囁かれ出すと、だんだんと打撃に硬さが出てきて、ヒットのペースも下降線。結局、当時のセ・リーグ記録にも、1本及ばずに終わった。

きっと、これまでの自分では信じられない、スター扱いに馴れなかったんだろうなあ。

それでも清水は、ベストナインと最多安打のタイトルを獲得。もっとも、清水が獲得したタイトルはこれだけって、その打撃技術を見ると、正直、なかなか信じられないんですが……。

余談ですが、この年、

1番・清水
2番・川相

このスタメンが発表された日なんて、僕はもう、感動のあまり死にそうになりましたよ。

清水の打撃に衰えが見え出したのは、05年後半ごろかな?これまでは清水のスウィングが速すぎるあまり、引きの右手が見えないほどだったのですが、この頃から見えるようになっていたのです。

そして06年から、やはりと言うべきか、清水の成績が落ち始めます。

ただ、この年には二つ、僕にとって、清水の印象的なプレイがありました。

まず一つが、以前にも書きましたが、流し打ちをするようになり、四球も取るようになっていたんですね。清水も衰えを自覚しているのか、自分の新しいスタイルを模索しているように見えました。

そしてもう一つあります。それは06年4月2日、開幕第三戦の横浜戦、第2打席です。

投手は吉見。清水はインコースから入ってくる、緩いスライダーに手を出しました。清水の上半身は開き、体勢は崩れました。打ってもファウルか内野ゴロです。

しかし清水は、泳ぎつつもバットのヘッドは残してジャストミート!そして右手一本で振り抜きました。

なんと打球は、ライトポールを巻くホームラン!

後にも先にも、あんな体勢でスタンドまで持っていた打者は、清水しか見た事がありません。解説の中畑氏、水野氏も賛辞と驚嘆の声を連発。

これぞ、打撃職人清水。清水隆行が見せた神業でした。

ただ、06年が良かったのはこの序盤から、6月3日・4日と連日のサヨナラ打を放ったあたりまで。その後は凡打ばかり。

翌07年は、前年から模索していた流し打ちが効果を挙げたか、シーズン終盤に巧打を連発しました。

でも、今年は良いところがまるでなく、外野手ではラミレスは言うまでもなく、鈴木、亀井の活躍も目立ちました。

他にも、お馴染みの高橋由、矢野、谷に、今年から加治前、隠善も出てきました。もう清水の居場所がありません。

本人の事を考えたら、今回は遅すぎる移籍かもしれません。でも僕は、巨人で活躍する清水を見たかったんだよおおおおおおおお!!!!!!!!

移籍先は西武ライオンズ。以前から、本来なら清水は、中日か西武あたりの野球がフィットするんだろうな……と思っていたので、良い移籍先だと思います。

振り返れば、清水にとって、散々な目に合ってばかりの巨人時代でした。自チームによって野球人生を台無しにされかけては、清水はいつも腐る事なく、実力で這い上がって来ました。巨人ファンとして本当に感謝です!

と言いますか、清水は巨人での不遇な時期がなければ、毎年首位打者争いして、日本代表にも選出され、ヘタすりゃメジャー挑戦していたんじゃねーの?とも思ったりします。僕の過大評価でしょうか……。

メジャーとまでは言わなくとも、本来なら、そろそろ2000本安打を達成していてもおかしくない打者です。

これまでの巨人の起用法が、あまりにも中途半端すぎました。清水が西武でレギュラー出場できるかは分かりませんが、僕はもう一花、いや二花、三花、四花、いやいやもう五花でも六花でも咲かせてくれる事を、僕は切実に祈っております!!!!!!

ありがとう清水、さようなら清水、頑張れ清水!!!

Comment

編集
こんにちは、山下さん。

ショックです…予想されたことでしたが…。
落合の当時の言葉は自分も覚えております。3番清水、4番松井。夢の打線は文字通りになってしまいましたね。

自分の中ではあの年は新人王清水と思っています。当時のN監督は顔重視の選手起用をしていましたからね(笑)。裏を返せば松井の実力がすごいということになりますが。監督を退いた後も清水に対する発言は…

清水には西武で復活してもらいたいです。レギュラー出場信じています!

2008年11月15日(Sat) 19:44
頑張れ清水!
編集
山下さんこんばんは。インディヴィを検索してここに来ましたが、自分も清水さんのファンでして…またあのシュアな打撃が見たいです。渡辺さん!デーブさん!起用して下さいな。レオも若返りに成功しましたがチームには職人的バッターが必要です。DHでもまだまだやれるはず。来年のクライマックス~日本シリーズで左の神髄が見れると良いですね!
2008年11月15日(Sat) 23:14
編集
先日はどーも。

1番・清水
2番・川相
最高ですね。

清水って球団からホント過小評価されてる選手ですよね。
個人的には早く放出してあげて欲しかったです。

西武は確かに相性良さそうですね。

来年の巨人西武戦が楽しみです。
2008年11月16日(Sun) 00:45
編集
>笙一郎さん
僕もかなりショックです……。巨人が日本シリーズで負けたショックがかすむほどです。
3番清水、4番松井、実現しないままでしたね~。清水は2番を打っていた時期も長かったですが、個人的には3番の方が向いていると思ってました。
N監督、一時は高橋由を4番候補に考えていましたが、松井は実力で黙らせましたね(笑)。清水を低く評価していたのは、N監督ぐらいではないでしょうか。
まずは西武で一軍、そしてレギュラーを獲ってくれる事を祈っております。そして、カムバック賞を!!!


>真琴さん
インディヴィファンであるとともに、清水ファンなのですね!僕も同様です(笑)。
西武も選手層は厚いものの、渡辺監督も大久保コーチも、清水への期待は高そうですから、結果が伴えばキッチリ起用してもらえると思います。清水は交流戦や02年日本シリーズで、西武相手に痛打を浴びせておりますので、評価は高いのではないでしょうか。
西武にて、良き手本、良き選手として、活躍を期待します!(笑)


>pisaさん
先日はどーもでした(笑)。清水は制約なしで使ってこそ真価を発揮する打者なだけに、何かと言いがかりを付けられた巨人時代は本当にかわいそうでした。言いがかりのせいで、打撃を崩した事もありましたしね。

清水と川相のコンビは感涙モノでした(笑)。職人コンビ、N監督に冷遇されたコンビです(笑)。

清水も全盛期は過ぎましたが、谷と同様、新天地での復活を期待します。移籍は残念なのですが、本人にとっては、良い事なのだと思います。巨人戦でも打ちまくって欲しいですね~!
2008年11月16日(Sun) 17:48
編集
清原のオリックス移籍といい、桑田のメジャー挑戦といい、井口の日本も考えた移籍といい、やはりプレイヤーは試合に出てナンボだと思いますし、本人達も望んでるはず、と思うのです。それはほんとうにスポーツで本番の緊張感の中でプレーすることへの拘りを感じます。キレイな引き際、と言う美学もあれば、ドロドロになるまでやる最後も、それはそれでスポーツ選手としては本音だな、って思います。
2008年11月17日(Mon) 10:43
編集
>EGさん
試合に出れてなんぼ、仰るとおりです!選手はもちろんの事、ファンも試合での勇姿に期待します!(笑)
いかなる去り方でも、選手それぞれ、悔いなしの野球人生であって欲しいですよね。
2008年11月17日(Mon) 11:15
ご無沙汰です。
編集
大輔さん、私はタイガースファンですが見事今シーズンはヤラレマシタ・・・。若手の成長の差がでましたね。北京に実積のある小笠原選手が呼ばれなかったことが不思議でした。

はじめの1歩好きですよ。
大輔さんの予想、あたるような気がします。
2008年11月19日(Wed) 16:21
編集
>leriniさん
書き込みありがとうございます!嬉しいです~♪
今年のプロ野球の大逆転は、僕も仰天しました。巨人の若手リリーフ陣の活躍は大きかったです。
小笠原はちょうど五輪の時に上り調子でしたし、何より日本屈指の打撃技術の持ち主!3番打者で出場して欲しかったですよね。

「はじめの一歩」、宮田もギリギリの勝負に出てきましたね~(笑)。今後も見逃せませんっ。
2008年11月19日(Wed) 20:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。