山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP靴・服飾 ≫ 消え行く定番……ダン・リヴァー社のオックスフォード生地

消え行く定番……ダン・リヴァー社のオックスフォード生地

インディヴィジュアライズド・シャツ


5月10日、インディヴィジュアライズド・シャツを買いました。超ド定番の白のオックスフォード、長袖ボタン・ダウン・シャツと、同じく白のオックスフォード、半袖プルオーヴァー・シャツです。これで合計4着目になります。

半袖のプルオーヴァーは、裾丈詰めをお願いしたせいで、まだ手元にはありませぬ。14日の19時頃に、お直し完成の連絡がありましたので、取りに行かなくてはいけませんね。

僕が今更言うまでもありませんが、このシャツは、かつてブルックス・ブラザーズのポロカラーシャツ(これの白長袖も、もちろん所有しております)に使用されていた、ダン・リヴァー社のオックスフォード生地を使用しております。

そして、ご存知の方はご存知のとおり、昨年か一昨年ごろに、そのダン・リヴァー社は廃業。同社のオックスフォード生地を使用のシャツも、このたびが最終入荷との事。以前にお取り置きをお願いしておいて、本当に良かったです……。



それにしても、ダン・リヴァー社のオックスフォード生地、なくなるのは寂しい限りです。僕よりはるかに思い入れのある方は、たくさんいらっしゃるでしょう。
僕が言うなんて、生意気極まりないぐらい。

この強靭かつ重厚なハリとコシ、カジュアルながらも上品な風合い、素晴らしいです。つくづく定番としての良さを感じさせられます。

そして昨日(16日)、このシャツを着用して出かけたのですが、やっぱりカッコ良いですね!

コーディネイトとしては、ストレートのブルー・ジーンズにリボンベルト、靴はオールデンの赤茶のミルスペックと、何の変哲もないアイヴィー・スタイルですが、これが本当に品良くまとまるのです。

カッティングと、ボタンダウンの美しいロール、そして生地の素材感、これらが引き出す魔力です。

もちろん、着心地もバッチリです……もう入手できないだけに、大切に着ていこうと思います。

本当ならガンガン着て、ガンガン洗って、荒っぽく着倒すためのシャツなのに(だから生地が頑丈なのだ)、このように大事に大事に扱わなくてはいけない事態が、本当に悔しいです!

今やプレミアになってしまったヴィンテージのリーヴァイスや、チャック・テイラーとかにも同様の事が言えますね……。

本当なら、同生地を使用したバギーのシャツも以前から欲しかったのですが、こちらは買えないままで終わってしまいました。以前から買おう買おうと思いつつ、結局、先延ばしになってしまいました……。

何が悲しいかって、「また今度買えばいいや」と、先延ばしにしても問題なかった品が、入手できなくなるのが悲しいです。

例えば、アメリカ製コンヴァース。例えば、アメリカ製リーヴァイス。例えば、イタリア製スペルガ。例えば、フランス製ラコステ。例えば、英国製クラークス……。

どれもかつては色んなお店にゴロゴロしていて、しばしばセール対象にもなっていた品。それほど当たり前の存在で、気軽に買え、人気もあった超定番。それが市場から消えて、出回るはアジア製。

5・6年ぐらい前に、インヴァーアランもアジア生産になるという噂がありましたが、現在もスコットランド製で販売されております。噂の後、何か救いの手があったのかな?

さて、英国製バーバリーはどうなる事やら。

僕みたいな若造が言うのも非常におこがましい話だけど、生産国と言うのは非常に大事。なぜ大事なのか、細かい事を言い出したらきりがないけど、簡単に言うならば、まず大抵の場合、クォリティが落ちる。でも、値段は同じ。
そして何より、生産国が変わった時点で、文化が消える。

こんな事、分かっている人は分かっているし、わざわざ僕が書くのも大変恐縮な話なんだけどさ。

でも僕の周りで、「生産国なんて、どーでもいいじゃん」と言う人が結構いて(重視している人も当然いるけど)、いささか歯がゆい思いをしておりますので、この際、書かせて頂きました。

Comment

編集
そのこだわり。。。センス大好きです♪
いいものは2~3枚イッペンに買ってしまう男性がいい~です!
ってただの私のタイプな男性の話になってしまいごめんなさい!
(そうそう、そんな感じのこだわりがある主人です♪)
シャツは、白!ですよねぇ!
2007年05月17日(Thu) 15:24
編集
しおりさん、ありがとうございます!僕は欲しい物、まとめ買いしたいのですが、金銭的に苦しかったりします(笑)。旦那さん、さすがですね~!
シャツは白、仰るとおりです!僕も白シャツが一番好きですね~。
2007年05月17日(Thu) 17:33
編集
すいません、ついついやって来ちゃいました。
自分も後でいいやが、あの時のあの品物を押さえておくべきだった!
とか何度も後の祭りになった事が多々ある人間なので非常に気持ちがわかります。
消えていく名品が出きる事は凄く悲しい事に感じます。
でも最近そこに目を付けてデッドストックだからと適当な付加価値を付けて浅ましい商売をする連中が増えた事はもっと悲しい事に感じます。
2007年05月18日(Fri) 02:03
編集
ロブさん、コメントありがとうございます!いらして下さって、嬉しいです~!(笑)
僕も入手できないままで後悔している品がたくさんありまして、その反省を活かし(?)、インディヴィジュアライズド・シャツ購入となりましたー。良い物だけに、なくなってしまうのは本当に残念です。
今、アメリカ製ジャック・パーセルやオール・スターが1万円前後で売られている事には、かなり納得できないですよね……。きっと中には、さらなる価格の高騰を待ってストックしている業者もいるのだろーなー、と勘繰ってしまいます。
2007年05月18日(Fri) 02:39
編集
私も、ダンリバーき生地のBDは、アメリカでオーダーしたインディヴィのプルオーバーとBBの長袖、インディヴィの半袖プルオーバーを、持っています。半袖のほうは、ゆったりめで着たかったので、少し大きいサイズにしたら、丈が、異様に長いので、直してもらいました。本当に、もう少し買っておけばよかったですね。
2007年05月21日(Mon) 09:10
編集
ダン・リヴァーのオックスフォード生地、本当に惜しいですよね。あのへたれにくい強靭な生地、惚れます。それにしても、オーダー品とは羨ましい~!
インディヴィジュアライズド・シャツ、丈が長いですよね(笑)。何でも、クラシックなシャツは裾をズボンに入れるという前提があるので(もともとシャツは下着ですから)、それで長めに作ってあるそうです。
2007年05月21日(Mon) 12:16












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL