山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 高橋尚成すげー!!!TOP野球 ≫ 高橋尚成すげー!!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

高橋尚成すげー!!!

いやー、高橋尚成すげえ!

まだペナントレースは始まったばかりですが、まさかここまでやるとはなー。高橋尚、ここ数年はパッとしない成績が続いていて、投球内容にも変化がなく、昨年は抑えもやってで、内海も成長、金刃も加入で、このまま廃れていくのかなー?と思っていたのですが、いやいや、2試合連続完封!凄いです。8年目投手の底力です。

解説者の方も言ってましたが、今年になってカーブの割合が増えていますね。その分、シンカーの割合が減った印象です。ストレートは130キロ台後半になって衰えた様子がありますが(あえてセーブしてるのかも)、緩い球を積極的に使って技巧でカヴァーです。
そう言えばかつての宮本和知も、30歳を越えたあたりから、ストレートのこだわりを捨て、緩急の使い方が上手くなりましたね……年齢の味ですな。



でも一番の成功要因は、集中力が切れず、投球が雑にならなくなった事でしょうか。力押しも消え、無理に三振奪取に行ったり、変な色気が出てないですね。昨年の抑え経験が活きていると思われます。この好調を持続して欲しいものです。

前述した宮本も、30歳を過ぎたあたりから投球に慎重さが出てきました。投手陣の年長組になると、投球にも落ち着きが出てきますね。

ただ一つ残念なのは、ヒーローインタヴューで阿部がウケ狙いを外しまくり、盛り上がりを台無しにした事でしょうか。

それにしても、ホームランを含む3安打したのに、お立ち台に呼ばれなかったホリンズ、悲しい……。

ヤクルトに目を向けると、今日はボコボコにされた増渕ですが、ストレートも変化球も才能は感じました。これからどう成長していくのか楽しみです。
高井も才能という点では、僕が観てきた左腕投手の中でも屈指の存在。制球難克服のため仕方ないのかもしれませんが、デヴュー時に見せていた躍動感あるフォームが成りを潜めていて悲しいです。個人的には、地味にまとまって欲しくないですね……。

Comment

編集
阿部の「ですねぇ~」は引きました(笑 顔も問題だったんでしょうが、たまたまテレビを見ていた友人も「気持ち悪い」とぶった切ってましたし……。
同じくホリンズを呼んでやれよ……と思いましたね。

高橋尚は驚きです。
今までの成績から今シーズンも期待しておらず、中継ぎにしとけば……と思っていたのに、まさか3連勝とは。
2007年04月17日(Tue) 16:44
編集
「最高でーす!」もそうですが、阿部は選択する言葉にセンスがないですよね(笑)。ホリンズはもしかしたら、最初で最後のお立ち台のチャンスを逃したのかもしれません(笑)。
僕も高橋尚成、中継ぎか谷間の先発ぐらいしか、もう役がないと思っていただけに驚きです。新しい尚成像を見せてくれてますねー。大きい期待はしてないものの、もうしばらく、戦力として見れそうです。
2007年04月17日(Tue) 21:19
編集
センスないですよね~。あまり同じコメントばかり言っていると、見ている方は色々と推測してしまって……。
結構「去年抑えをやったのが大きい」と言ってますね。まぁ抑えやってる終盤もボロボロでしたが、とりあえず今年は(今のところ)内海・高橋尚の左腕コンビで頑張ってもらえればと思います。
2007年04月17日(Tue) 22:11
編集
抑えをやっていた時は力押しにいくケースがよく見られましたが、幾度かの失敗で、自分のストレートに見切りをつけたのかもしれませんねー。もともとコントロールは良いですし、技巧派として、投球ヴァリエイションが広がったのは大きいです!
内海は才能という点で抜けていますし、今年は内海15勝、高橋尚10勝を期待したいです!
2007年04月18日(Wed) 04:13












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。