FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2021年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2021年05月
TOP珈琲 ≫ フランクフルトの珈琲店「WACKER'S KAFFEE」

フランクフルトの珈琲店「WACKER'S KAFFEE」

WACKER’S KAFFEE


ドイツに行ったのならば、やはり珈琲も楽しまねばなるまいと思い、行って来たのが、この「WACKER'S KAFFEE」です。ドイツ旅行の最終日、3月27日にフランクフルト中心街を散策中、偶然見つけたのです。1914年創業との事で、歴史ある珈琲店ですね。
お客も現地の方が多いようで、いわゆる、観光客によって荒らされている雰囲気もありません。もちろん、雰囲気のみによる判断ですが。



WACKER’S KAFFEEまずお店に来て驚くのが、お客の回転の速さ!狭い間口にこーんなにもお客が列を成しております。日本の珈琲専門店の比じゃありません。と言いますか、こんなに売れているお店、日本には存在しないんじゃないでしょうか?(スター・バックスやドトール・コーヒーなどのチェーン店を除く)
安いのが人気なのか、味の良さが人気なのかは分かりませんが、僕の見た限り、フランクフルト中心街で一番繁盛している珈琲店でした。店員さんは問題なく英語が話せ、その点でも安心です。

僕は珈琲を注文したのですが、価格は1.4ユーロとかなり良心的な設定でした。やはりドイツ人にとって日常の飲み物なだけに、安くならねばならないという考えなのでしょう。
メニューについては、珈琲にブラジル、コロンビア、マンデリン、モカマタリなどの種類はなく、珈琲は「KAFFEE」のみでした。おそらくブレンドなのでしょうね。
珈琲とは別に、カプチーノ、エスプレッソなどのヴァリエイションはあり、お客さんも、そういったのを注文している方がほとんどでした。

ただ、気になるのが珈琲の抽出方法。日本で珈琲専門となれば、ネルドリップかペーパードリップ、またはサイフォンで時間をかけて抽出しますが、ここはマシンなのですよね……。
客の回転が速いので、ハンドドリップしている時間などないという事でしょうか。豆はさすがに注文を受けてから挽いているようでしたが、ミルはやはり電動。また、エスプレッソのタンピングも大雑把でした……。

珈琲は店内で飲む事もできるのですが、この時はお昼時でもあったため、あいにく満席。僕は常連客と思わしき人たちと混じって、外で立ち飲み。ドイツ気分を満喫しました(笑)。

さて、肝心の味ですが、正直、それほどでもなく、味に深みがありません。お店の雰囲気からは、こだわりのお店のように思えるのだけれど……。
日本の珈琲店でも、これ以上の味は味わえるなというのが本音です。もっともその場合、1.4ユーロ相当の価格とはいきませんが……。

ややがっかりしつつ珈琲を飲み、僕はショーウィンドウに飾られている珈琲豆を眺めておりました。ここは珈琲豆の販売も行っているのですね。

WACKER’S KAFFEE


メキシコ・マラゴジッペ、メキシコ・オルガニッコ、エチオピア・シダモ、ミナス・ブラジル、グァテマラ、ニカラグア、コロンビア、コスタ・リカ・タラズ……などなど。日本でも見かける珈琲名がたくさんあります。お店で飲む珈琲は一種類のみですが、豆の購入ならば色々と種類は指定できるみたいです。
ストレートのみならず、「マイスター・ブレンド」、「ウィーン・ブレンド」、「モカ・スペシャル」と名付けられたオリジナル・ブレンドもいくつかあれば、エスプレッソ用の豆もいくつかあります。

価格は豆によって異なりますが、500gで5~9.8ユーロ。随分と安いですね。スペシャリティ・コーヒーは主にドイツに行ってしまうと聞いていたのですが、果たしてこれらはスペシャリティ・コーヒーなのでしょうか?日本ではこんなに安く、スペシャリティ・コーヒーは入手できません。ちなみに9.8ユーロするのはメキシコ・マラゴジッペ。

なぜこんなに安いのでしょう?売れる見込みがあるから薄利多売方針なのでしょうか?客の回転が日本とは別次元なのは確かです。

日本より優先取引をしているため、仕入れ値が安くなっているのかもしれません。

それとも単に、スペシャリティ・コーヒーじゃないから安いだけなのかもしれません。

ただ、これらとは別に、やけに立派なケースに納められた豆が3点ありました。これらは価格もひときわ高いです。ひょっとして、この三つだけが、このお店におけるスペシャリティ・コーヒーなのかな?価格も、いずれも日本より若干高めです。

WACKER’S KAFFEE


まず一つは、高級品として知られるハワイ・コナ。100gあたり5ユーロ。

もう一つもやはり高級品、ガラパゴス・サンクリストバル。価格も同様に100gあたり5ユーロ。

そしてもう一つが……なんとブルー・マウンテン!

ブルー・マウンテンは90%が日本に輸出されると聞いていたので、まさかドイツで見かけるとは思ってなく、僕はかなり驚きました。価格も日本同様に最高級、100gあたり10ユーロ!やはりブルー・マウンテンはブルー・マウンテンという事でしょうか。珍重しているのは日本のみなのでしょうけど、ドイツでも高価なのは間違いなさそうです。

ブルー・マウンテンの90%が日本行き、という話が事実ならば、このドイツにあるブルー・マウンテンは残り10%の代物。そして、良質の珈琲はドイツが優先的に持って行くと言う。となれば、このブルー・マウンテンも最良質のブルー・マウンテンなのでしょうか?そう考えると、まがりなりにも珈琲好きとして、わきおこる興味を押さえきれない……。

僕はこのブルー・マウンテンの購入を決意。珈琲を飲み終えると、店舗に再入店しました。

WACKER’S KAFFEE


お店で飲む珈琲だけでなく、珈琲豆を買うお客さんもしっかり列ができております。でも、お客さんを捌くのも早いので、そんな待たず済みました。お客さんも心得たもので、豆を買ったらさっさと外に出ております。英語が極めて不得意な僕が、一番面倒な客でした(笑)。

WACKER’S KAFFEE


店内では、豆はガラスケースに納められており、日本の珈琲専門店同様、量り売りして下さるようです。

WACKER’S KAFFEE
ただ、僕がブルー・マウンテンを買いたい旨を伝えると、店員さんはカウンター前にあるアルミパックを指し示してきました……。うーん、どうやら前述したハワイ・コナ、ガラパゴス・サンクリストバル、そしてブルー・マウンテンの3種に限っては、100gパックによる販売になるみたいです。一体いつごろ焙煎したのか、気になるところ。日が経ちすぎたりしていないだろうな……疑問を抱きつつの購入となりました。

ちなみにこのお店では紅茶も売られておりました。今度行く機会には、紅茶も買って行きたいですね!

購入したブルー・マウンテンは、帰国時には手荷物として持ち帰りました。なので、輸送環境もさほど悪くなかったはずです……。

そして帰国後、早速淹れて飲んでみました!豆はブルー・マウンテンだけあってか煎りは浅め。欠点豆はなく、ハンドピックはしっかり行われているようです。蒸らしにお湯を注いでみると、浅煎りにしては十分膨らみます。さすがに古い豆を販売しているわけではないようで、購入時の心配は杞憂に終わりました。
WACKER’S KAFFEE
ではでは、お楽しみ。お味の方は?

ふむ。美味しい事は美味しい。ほんのりとした酸味で後口も柔らか。飲みやすい。でも……、期待していたほどじゃない。もっと感動があると思っていただけに、少々残念です。これより美味しいブルー・マウンテンを飲んだ事があるのかと言われれば………ありますねー……。

ひょっとしたら、ブルー・マウンテンは日本がお得意様なだけに、ブルー・マウンテンに限っては最良質品は日本に回るのかもしれません。せっかくだから、ブルー・マウンテンだけでなく、他の種類も買っておくべきだったなーと、ちょっと後悔しております。

結果としては、僕はドイツでは、期待していたほどの珈琲には巡り会えなかったです。まあ、僕の味覚が鈍感すぎて、味が分かってない可能性もあるのですが。

今度またドイツに行く機会があれば、もっとたくさんの珈琲店を回って、バシバシ味をチェックしなくてはいけませんね。

ちなみに僕は普段、LCFグループのお店で珈琲豆を購入しております。やっぱりどうこう言っても、ここの豆はレヴェル高いなーと感じます。LCFグループで、ブルー・マウンテンは取り扱っていないですけどね。

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007年04月04日(Wed) 18:07
編集
いつもご教示、どうもありがとうございます!やっぱり他の珈琲豆も買っておくべきでしたね……。
それにしてもドイツ、少なくとも僕が飲んだ珈琲はがっかりの質でした。いずれドイツでも美味しい珈琲店、見つけたいですねー(笑)。
ただ、ドイツにおいて、珈琲が日常に染み付いているのはとことん実感できました。珈琲豆の購入時、買う側も売る側も、慣れ具合が日本とは全然違います。
価格はこんなものなのですねー。日本も見習って欲しいです(笑)。
スペシャリティ・コーヒーについては、早く僕も、自分の舌で判断できるようになりたいですね(笑)。
購入したブルー・マウンテンですが、口に含んだ感触は滑らかで、ほんのりとした酸味、舌に優しいものでした。
ちなみに、昨年、ダブリンで飲んだ珈琲はとても美味しかったです。これは感動しました。見たところ、ネスカフェのマシンで淹れていたのですが……やっぱり豆が良かったのでしょうか。
ドイツ、環境保全の国ですよね。そのため、数年前に世界の特級革メイカーの工場が閉鎖となりました(笑)。環境のためとなれば仕方ありませぬー。
2007年04月04日(Wed) 19:30
編集
珈琲マニアで~す♪
モカブレンドを朝飲んで♪お昼はブルマン・・・って感じです!
お久しぶりです☆お元気でしたか?
2007年04月04日(Wed) 20:36
編集
しおりさんも珈琲マニアでしたか!僕はまだ色んな種類の豆を、片っ端から試している段階です。
僕は相変わらず元気に、趣味も楽しんでおりまするー。本業がイマイチなのが悲しいですが(笑)。
2007年04月04日(Wed) 21:33












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL