FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2020年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2020年11月
ARCHIVE ≫ 2020年11月

あえて言おう。僕にとっての巨人の背番号11番は久保裕也さ!!!

ファンの野球選手がまた一人……久保裕也投手の引退が悲しいです。ストレート、変化球、コントロール、打撃、守備、走塁、全てに秀でる万能型で、いかにも巨人の投手と言った感じの投手でした。背番号11番がよく似合っていましたね……。

久保裕也投手は木佐貫洋投手とともに自由獲得枠で入団。両者ともに松坂世代の大者でしたが、入団時、どちらかと言えば150キロの剛速球右腕、木佐貫投手の方に僕は注目しておりました。

一方で久保投手の触れ込みは、「七色の変化球投手」。

この触れ込みについて、当時の僕は怪しく思っていました。何しろ、過去にも「七色の変化球投手」と呼ばれていた投手はいましたが、実際に使えるのは3・4種ぐらいで他は見せ球程度にしか使えなかったり、クセ球やムーヴィングファストボールの使い手で、その都度変化が違うから七色扱いしているだけの事が多かったからです。

ちなみに巨人の投手なら、一時期の桑田真澄投手が5・6種ほどの球種を駆使していましたね。

そんな怪しく思いつつ、ルーキー・久保投手の投球を初めて見た03年のオープン戦。僕は驚きましたね。本当に七種使っていましてから。しかもストレートの走りも良く、ルーキーらしかぬ完成度の高さに僕は一瞬で虜。あっと言う間にファンになりました。