FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年10月

The high prize winning shoes of World championship in shoemaking(ワールドチャンピオンシップ・イン・シューメイキングの上位入賞靴)

パトリック・フライさんのコンテスト1位靴展示

10月6日の、伊勢丹におけるワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキング(靴作り世界選手権)の上位入賞靴展示は、優勝したPatrick Frei(パトリック・フライ)さんだけでなく、準優勝のDaniel Wegan(ダニエル・ヴィガン)さん、3位のPhilippe Atienza(フィリップ・アティエンザ)さん、そして日本人靴職人さん上位3名の靴も手に取って見られました。

まず、このワールド・チャンピオンシップ・イン・シューメイキングについて、主催者であるJesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんのBlog、「Shoegazing(シューゲイズィング)」に書かれたコンテストの案内を基に、日本語訳して書いてみます(※こちらの記事も参照)。内容が分かりやすいよう、意訳している箇所もあるのをご了承下さい。もし誤訳があった場合は、ご指摘頂けると幸いでございます……。

コンテストの開催は今年4月7日で、場所はロンドン。参加料金は無料で、優勝者には3,000£、準優勝者には2,000£、3位には1,000ポンドの賞金が贈られます。この上位三名の靴については、伊勢丹をはじめ、オスロのスコマーケー・ダゲスタッドなど、世界各国のお店で展示されます。

出品する靴については、下記の規定がありました。

プレーンの内羽根キャップトウ。アッパーのパターンは少なくとも3パーツに分け、ホールカットのイミテーションスティッチなどは不可(つまり、パターンを分けてないのに、スティッチでパターンを分けているように見せるのは不可)。

アッパー革は黒のボックスカーフ。

UKサイズ8の左足。

シングルレザーソール。

掬い縫い、出し縫い、いずれも手縫い。

ソールとヒールの側面は黒、底面はナチュラル仕上げ

ブランディングなし

出品靴は審査において、ラストやシュートゥリーが抜かれた状態で展示される。ただ、シュートゥリーを提供したならば、イヴェント期間中、ショーケースでの陳列に使用される。

会社としての参加、個人としての参加、いずれも可能。靴製作に携わった全ての人と、各々がどの行程を担ったかを記載する事(私たちは全出品者の完全な情報を聞いてないが、大抵は分かっている←※この一文の訳、自信がありません……)。


そして、審査基準は下記3点です。

・「難易度」最大10ポイント。
どれだけ難しい行程が行われているか、大規模にも、細かいディテイルにも、どれだけ高度な作りがされているかなどを審査。

・「出来栄え」最大10ポイント。
靴の構築の様々な箇所がどれだけ上手く仕上がっているか、どれだけすっきりとした綺麗な仕事か、仕上げのレヴェルがどれだけよく成し得ているかなどを審査。

・「デザイン・美学」最大5ポイント。
靴の全体的な美しさ、プロポーションなどを審査。


審査員はイェスペルさんをはじめ、James "Jim" McCormack(ジェイムス・"ジム"・マコーマック)さん、Nicholas Templeman(ニコラス・テンプルマン)さん、高野圭太郎さんと言った、 ビスポーク・シューズの職人さんや靴ブロガーさんたち、計9名。

審査時、靴は匿名です。ただし、イェスペルさんだけは、出品靴の登録や質問の返答と言った世話をするため、コンテスト参加者について知ります。しかし、批評や審査時は、どの靴が誰によるものかは、イェスペルさんは知らないでしょう。他、全ての審査員にとって、靴は厳密に匿名です。


以上でございます。結果として、参加者はドイツ、スウェーデン、フランス、日本、イタリア、中国、アメリカ、セルビア、モルドヴァ、ハンガリー、モンゴル、チェコ、ロシアと13国から、合計30足。日本からは7名と最多参加国であり、さすが現代におけるハンドメイドシューズ大国と思わされます。

ちなみに、イェスペルさんが靴作りコンテストを行いたい意向は、僕は昨年5月にお会いした際に聞いておりまして、それを実現させて、多くの国の職人さん、お店とともに展開していくイェスペルさんの企画力、実行力は凄いなと思います。