山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2018年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2018年04月
ARCHIVE ≫ 2018年04月
      
≪ 前月 |  2018年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

靴磨きコンテスト「Shoesing Awards(シューズィング・アウォーズ)」に見るロシアの高級靴業界の様子



4月16日にモスクワのモスクワ・マリオットグランドホテルで、靴磨きコンテストの「Shoesing Awards(シューズィング・アウォーズ)」が開催されておりました。前年が初回だったので、今年で2回目ですね。

とは言え、僕はこれについてSNSで知っただけで実際に見に行ったわけではありません。ですので、今回の記事はロシア語なり英語なりで書かれたウェブでの情報を日本語でまとめただけなのですが、自分の備忘録も兼ねて、ご参考までに書きますです……。

今回のシューズィング・アウォーズでは、グラッサージュ部門(おそらく鏡面仕上げを競う)とパティーヌ部門(未染色革に色付けの技術を競う)の二つがあり、グラッサージュ部門は作業時間20分、パティーヌ部門はペインティングに5時間と仕上げに30分、合計5時間半の作業時間。

グラッサージュ部門では予選があり、その予選から5人に絞って決勝戦を行うとの事。

グラッサージュ部門の優勝者には賞金20,000ルーブル、準優勝者には賞金10,000ルーブル。
パティーヌ部門優勝者には賞金30,000ルーブル、準優勝者には賞金20,000ルーブル。
(※2018年4月19日現在、1ルーブル1.77円ほど)

参加は無料。そして、審査員は下記の方々です。

・イタリアのパルマの靴磨き店、Dandy Shoe Care(ダンディー・シューケア)のオーナーであるAlexander Nurulaeff(アレクサンダー・ヌルラエフさん)。ヌルラエフさんはソ連出身だそうですね。

・ベルルッティモスクワ店のカラリストを12年ほど務めた、Федор Жданов(フョードル・シュダノフ)さん。

The Rake Russiaの編集長であるАлександр Рымкевич(アレクサンダー・リムケヴィッチ)さん。

Ostojenka Bespoke Atelier(オストジェンカ・ビスポーク・アトリエ)のオーナーであるПавел Ананин(パイヴェル・アナニン)さん。オストジェンカ・ビスポーク・アトリエは前大会のジェネラル・パートナーでもあり、店舗が会場としても使われました。そして、ピエール・コルテも取り扱っており、やはりパティーヌには一家言あるのかもしれません。

・モスクワ、サンクト・ペテルブルク、サマーラとロシアに三店舗ある高級靴店、Checkroom(チェックルーム)の社長、Алексей Врублевский (アレクセイ・ヴルブレフスキー)さん。ヴルブレフスキーさんはロシアにおいて靴磨きの技術で著名な方だそうで、日本でも靴磨きを学んだ事があるとか。

なお、アナニンさんとヴルブレフスキーさんは前回も審査員を務めております。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。