山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2017年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      
≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Armonia del Sarto(アルモニア・デル・サルト)の五月女泰彦さんの展示会

五月女泰彦さん

いささか日にちが経ってしまいましたが、2月26日にArmonia del Sarto(アルモニア・デル・サルト)の五月女泰彦さんの展示会に行って参りました!五月女さんは都内にある国内ブランドの縫製工場で勤めた後に、イタリアのモデナにあるSartoria Bertazzoni(サルトリア・ベルタッツォーニ)にて修行。そして14年に、東京の日暮里にて独立開業された職人さんです。


五月女泰彦さんの展示ジャケット

会場では、完全ミシン縫いの青、30%手縫いの緑、50%手縫いの赤と、三着のジャケットが展示されており、これらは色が異なるだけで、どれも同じカノニコのシルクウールツイード生地。パターンもデザインとしては同じですが、手縫いパターンは胸のアイロンワークのために少しだけ違うそうです。あえて同種の生地、近似のパターンを使う事により、手縫いの割合によってどう異なるかを分かって頂こうと言う趣旨なわけですね。

そして試着させて頂くと、完全ミシン縫いでもカーディガンのように軽く柔らかく、ぐいぐい伸びるかのように体に追従する、快適な着心地にびっくり!30%手縫い、50%手縫いだと、その柔らかさがさらに顕著になります。
これらのジャケットは身長178cmの五月女さんに合わせて作られており、身長153cmの僕には、当然合うように作られておりません。それでも驚くほどの着心地の良さだったので、これで僕の体型に合わせて作ったら、果たしてどれほどの着心地になるのか……五月女さんの腕前に驚いた次第です。

なお、五月女さんのビスポーク・スーツは30%手縫い(つまり緑のジャケット)が基本仕様で、もし50%手縫いが希望であれば、追加料金が発生するそうです。


五月女泰彦さんの展示ジャケット

三着のジャケットを並べて比べてみると、完全ミシン縫いの青ジャケットの方がラインが直線的なのがお分かり頂けますでしょうか。そして30%手縫いの緑、50%手縫いの赤と、手縫いの割合が増えるほど、ラインが柔らかくなっていきます。特にショルダーラインとラペルのラインが分かりやすいですね。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。