FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年11月

The famous shoes blogger Jesper Ingevaldsson in Sweden ordered MAIN D’OR bespoke shoes(スウェーデンの著名靴ブロガー、イェスペル・インゲヴァルソンさん、マンドールのビスポーク・シューズを注文)

イェスペル・インゲヴァルソンさん、マンドールの村田英治さんに注文中

昨年11月にも来日された、スウェーデンの著名靴Blog、「Shoegazing(シューゲイズィング)」の主宰者、Jesper Ingevaldsson(イェスペル・インゲヴァルソン)さんが再び来日し、10月29日に、マンドールの村田英治さんにビスポーク・シューズをご注文!僕はその通訳のために同行致しました。もっとも、僕は英語がドヘタなので、スマートフォンでGoogle翻訳を使いつつの、本当に拙い通訳でしたが……。

村田さんによると、台北の高級靴店、オークルームのRobin Chang(ロビン・チャン)さんがインターネット上でレポートしたのをきっかけに外国人客が増え、現在、お客さんの20%ほどが外国人だそうです。その多くがシンガポールなどのアジアからで、ヨーロッパ出身者では、日本在住の英国人さんがいたそうですが、ヨーロッパから来日されての注文は、イェスペルさんが初だそうです。


マンドールのサンプル

端正かつ美麗、そして緻密なマンドールのビスポーク・シューズサンプル。ドレスシューズでは、ブリティッシュ、フレンチ、イタリア、ドイツ、オーストリア(ウィーン)、ハンガリー、そして日本など、それぞれ国ごとにそれっぽいスタイルがありますが、村田さんの靴は村田英治さんスタイル、どの国と言う事もない、ご自身独自のスタイルと感じました。


イェスペル・インゲヴァルソンさん、マンドールの村田英治さんに注文中

イェスペルさん注文の様子。まずは、デザインの打ち合わせですね。


マンドールのサンプル

イェスペルさん、希望のデザインについてはあらかじめメールで伝えてあったようで、トウラインについては、このアダレイド・クォーターブローグのラインを希望。


マンドールのサンプル

デザインそのものについては、このセミブローグを裏鳩目にしてのご注文でした。

ちなみに、英国ビスポーク・シューズだと10~12番ウィールが標準的ですが、マンドールでは14番ウィールが標準仕様だそうです。ウィール番号が大きければ大きいほど出し縫いは細かくなり、そして出し縫いが細かいほど、一般的にドレッシーとされます。細かい出し縫いを標準とするのは、繊細な作業が得意な日本人らしさかもしれませんね。そして、イェスペルさんが注文された靴も14番ウィールとなりました。
なお、サンプルの中には18番ウィールもありましたが、これはあくまでサンプルだけで、出し縫いが細かすぎるとウェルトの強度が落ちるので、基本的には18番ウィールは用いないそうです。