山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年10月
ARCHIVE ≫ 2016年10月
      
≪ 前月 |  2016年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

MATRIX and Elegance in Basel(バーゼルのマトリックスとエレガンス)

マトリックスのディスプレイ

【MATRIX(マトリックス)】
住所:St. Johanns-Vorstadt 38, 4056 Basel

95年に開業したハンドメイドスカーフのお店で、上記住所とは別にある、バーゼルの工房でスクリーンプリントを手作業で行っております。英語可。


マトリックスの代表兼デザイナー

左がオーナー兼デザイナーで、15年のバーゼル文化賞をはじめ、これまで数々の賞を受賞し続けているFabia Zindel(ファビア・ツィンデル)さん。右のスタッフであるChristine Müller(クリスティーネ・ミュラー)さんが言うには、ファビアさんは天才との事。


マトリックスのディスプレイ


マトリックスのサンプル

ディスプレイされているスカーフの一部。どれも独創性あふれるパターンとカラーリングで、それを破綻なくまとめ、しかも量産するファビアさん、さすがのデザインセンスです。

マトリックスのプリントは全て手作業で行われ、手作業だからこそ、独創的で複雑な柄もプリントでき、小ロットでの生産も可能、そして裏にまでしっかり色が入り、色合いも深くなるとの事。
染めるインクには、環境に配慮して海藻ベースの水溶性を用い、染色には一枚当たり12-30回も行われる手間がかかっております。さらに、インクを定着させた後の洗浄工程も、添加物なしの水のみで、手作業で行われます。
スカーフの素材はイタリア製か英国製のシルク、オーストリア製ウール、トルコかエジプト原糸を用いたスイス製オーガニックコットンと、天然素材のみを使用しております。スイスコットンは、上質で有名ですよね。

どれも肌触り良く、美しい出来栄えを目指した、こだわりが詰まっております!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。