山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年08月
ARCHIVE ≫ 2016年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Les 2 Lutins, Guillaume Belmonte and Corthay in Paris(パリのレ・ドゥ・リュタン、ギョーム・ベルモンテとコルテ)

レ・ドゥ・リュタンの店内

【Les 2 Lutins(レ・ドゥ・リュタン)】
【Guillaume Belmonte(ギョーム・ベルモンテ)】
住所:14 rue Saint-Marc, 75002 Paris
価格:ビスポーク・シューズ、ハンドソーン・ウェルテッド製法で3,300ユーロ~、マッケイ製法は3,000ユーロ~。いずれもシュー・トゥリー込価格。

7ヶ月ほどで完成。マッケイ製法の場合、出し縫いはマシンです。12年に靴修理とパティーヌのお店としてスタートし、14年からビスポーク・シューズも開始しました。英語は少し可能です。


ギョーム・ベルモンテさん

85年生で、ビスポーク・シューズ担当のGuillaume Belmonte(ギョーム・ベルモンテ)さん。コンパニオン出身で、そのコンパニオン時代は、ウォルター・ステイガーのアレクシーさんからも学び、J.M.ウエストンでも勤務歴があります。ビスポーク・シューズはご自身にとってのスタートプロジェクトで、いずれ既製靴も販売したいとお話されていました。


ディディエ・マルティネスさん

そして、過去にベルルッティ、オーベルシーのビスポーク責任者を歴任した、Didier Martinez(ディディエ・マルティネス)さん。ディディエさんは職人さんに靴作りを教えたり、仕事の助言をしたりと、お店の監督的立場です。


レ・ドゥ・リュタンでのフットプリント

採寸時は、アーチの具合を立体的に見るために足型も採取します。こう言った足型採取を行うのは、フランスのビスポーク・シュー・メイカーでは珍しいですね。


レ・ドゥ・リュタンのトライアルシューズ

そして仮縫い時は、他の多くのフランスのビスポーク・シュー・メイカーと同様にトライアルシューズを作りますが、なんとそのトライアル・シューズはハンドソーン・ウェルテッド製法!そして、このトライアルシューズを2カ月ほど履いてもらってフィットの具合を確認し、その後、本番の靴を作成します。
通常、トライアル・シューズと言えば大抵はセメント製法で、作りを簡略しておりますが、ベルモンテさんは本番と同じでないと、本当のフィット具合は分からないと、ハンドソーン・ウェルテッド製法で作るこだわりようです。実際、長時間履いて、初めて分かる問題点はよくありますし、靴の馴染み具合も、セメント製法ではハンドソーン・ウェルテッド製法と異なりますね。なお、このトライアルシューズは見習いの職人さんが作るそうです。

このトライアルシューズが完成するまで3ヶ月、試着期間が2カ月、それから2カ月後に本番の靴が完成し、合計7ヶ月かかります。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。