FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月

Henry Poole and Kathryn Sargent in London(ロンドンのヘンリー・プールとキャサリン・サージェント)

ヘンリー・プールの店内

【Henry Poole(ヘンリー・プール)】
住所:15 Savile Row, London
価格:ビスポーク・スーツ、4,280£~。ビスポーク・シャツは250£~。いずれもVAT込価格。

ビスポーク・スーツは仮縫い3回で2カ月で完成。ビスポーク・シャツは仮縫いなしで1ヶ月で完成。なお、ビスポーク・シャツにミニマム・オーダーはなく、一着から注文可能です。ただ、シャツは採寸を行うのみで、製作は全て外注です。
使用生地は80%が英国製、20%がイタリア製。ボタンは昔はプラスティックを使っていた事もあったそうですが、現在はホーンボタンだそうです。

そして、年に2回来日してホテルオークラにてトランクショーを開いております。

僕が訪問時は日本人の方が二人勤務されており、そのうちのお一人にお店をご案内して頂きました。


サイモン・カンディ社長

「ファッションではなく、10年でも20年でも、いつでも着られるスーツ。だから、流行によってラペル幅も変えたりしない。大事なのはバランス、タイムレスでナチュラル、ノーマルが私たちのスタイルだ」

ハウススタイルについて、そう語って下さった7代目当主のSimon Cundey(サイモン・カンディ)社長。


ヘンリー・プールのチーフカッター、アレックスさん

チーフカッターのAlexander "Alex" Cooke(アレクサンダー・"アレックス"・クック)さん。現在、日本で展開されているヘンリー・プールの日本製パターン・オーダーも、このアレックスさんがパターンを作ったそうです。なお、16年7月17日現在、お店にカッターは5名おり、さらにアンダーカッター(アシスタント)が一人いるとの事でした。
ちなみにアレックスさん、僕はお店に二回訪問したのですが、二回とも帰り際に、「さようなら」と日本語で声をかけて下さいました♪


ヘンリー・プールのビスポーク・スーツ

ナチュラルショルダーでウエストを絞ってのイングリッシュドレープ、フロントラインもごく普通のレギュラーカットと、上画像のサンプルが、最もヘンリー・プールらしいモデルとの事です。