FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月

UDESHI and John Pearse in London(ロンドンのウデシとジョン・ピアース)

ウデシの店舗外観

【UDESHI(ウデシ)】
住所:8 Davies Street, Mayfair, London
価格:ビスポーク・スーツ、VAT込価格で2,895£~。VAT無の場合は2,412.5£~。
ビスポーク・シャツはミニマムオーダー8着で、既製に130£増。

ビスポーク・スーツの仮縫いは3回かそれ以上。ビスポーク・シャツに仮縫いはなく、ミニマムオーダーが8着のため、初回にまず一着分を作りフィッティングを調整し、その後に残りの分を作るそうです。ビスポーク・スーツとシャツ、8~12週間で完成。

さらに、MTOとMTM、既製服もあります。


オスカー・ウデシさん

99年創業と比較的若手のビスポーク・テイラーで、オーナー兼カッターのOscar Udeshi(オスカー・ウデシ)さん。British Menswear Guild(ブリティッシュ・メンズウェア・ギルド)の元会長でもあります。お母様もお店を手伝っており、親子ともに気さくで、感じの良い方でした♪


ウデシのサンプル

サヴィル・ロウ・テイラーに代表されるブリティッシュ・トラッドとは異なる、流行や現代性を意識した服作りとデザインが特徴です。こちらのジャケットはコットンの芯を上襟だけに入れて、他に芯はなく、イタリアの服のように非常に柔らかく作ったとの事。


ウデシのサンプル

幅広のピークドラペルは存在感ありながらも、丸みのある剣先に大きい曲線を描く柔和なラインで、腰ポケットの端は上を向かせた遊び心と、ユニークな表情に仕上がっております。


ウデシのアンコンジャケット

見るからに柔らかそうな、芯地をまったく入れていないアンコンジャケット。ショールカラーも、この柔らかい雰囲気と合っていますね。レディースのパターンも研究して作ったそうで、そのせいでしょうか、フロントダーツからさらに上へ、大胆なほどにスティッチが長く入っております。芯地がなくとも、立体性を持たせる工夫なのかもしれません。