山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月
ARCHIVE ≫ 2016年07月
       次ページ ≫
≪ 前月 |  2016年07月  | 翌月 ≫

Aubercy in Paris(パリのオーベルシー)

オーベルシーのビスポークサンプル

【Aubercy(オーベルシー)】
住所:34 Rue Vivienne, 75002 Paris
価格:ビスポーク・シューズ(グラン・ムジュール)、シュー・トゥリー込で4,900ユーロ~。MTO(ムジュール)、1,450ユーロ~。既製靴、985ユーロほど。

ビスポーク・シューズは半年で完成。MTOは8-10週間で完成。メンズシューズのみならず、レディースシューズ、鞄、ベルト、革小物なども取り扱っております。英語可。

そして、オーベルシーのクォリティに相応しい技術で行う修理店と、パティーヌの店舗もあります。

修理店の住所は9 Rue de Luynes, 75007 Paris。
パティーヌの店舗は34 Rue Vivienne, 75002 Paris。


グザビエ・オーベルシーさんと塩田康博さん

70年生まれで三代目当主のXavier Aubercy(グザヴィエ・オーベルシー)さんと、77年生まれでビスポーク・シューズ担当の塩田康博(Yasuhiro Shiota)さん。

オーベルシーは04年~08年までもビスポーク・シューズのサーヴィスを行っておりましたが、以降は消滅状態。しかし、塩田さんの就任によってビスポークも復活となりました。

塩田さんは関西学院大学を卒業後、英国のレスターにある靴学校に1年通い、製靴を勉強。そして、ご自身のコレクションを発表できる展示会を探していたところ、英国よりもパリが良いと知って渡仏。05年~08年はフランスの名門、マサロで勤務し、マサロはレディースのオートクチュール製作も多うメイカーのため、シャネルがコレクションで発表する靴作りにも参加されたそうです。08年~13年はピエール・コルテで勤務し、デザインとパターン作りをメイン業務としつつ、ラストメイクも学んだそうです。マサロとピエール・コルテは同じパリのビスポーク・シュー・メイカーとは言え、スタイルや方向性は大分異なるので、その二つで働いたのは塩田さんの大きな強みですね。そして、13年12月より、オーベルシーのビスポークシューズ担当に就任しました。

パリにおいて、日本人靴職人がビスポーク・シューズ部門の責任者となるのは、おそらく初。パリは言うまでもなく芸術とファッションの都であり、ビスポークの分野でも、ロンドンと並ぶ中心地。当然、競争も激しいです。しかも塩田さんはマサロ時代に、日本人(アジア人)である事を理由に、ご自身は店頭に出ないように言われていたそうです。そう言った厳しい条件下で、ここまで上り詰めたのは凄い事です!


オーベルシーのビスポーク工房

地下にある一室がオーベルシーのビスポーク工房。つまり、塩田さんの作業場です。


塩田康博さんの作業

塩田さんの作業中。塩田さんの趣味はロッククライミングだそうで、そのせいでしょう、前腕から浮き出る筋肉が目を引きます。力仕事である底付け作業の際、効果を発揮するのでしょうね。

そして、塩田さんはフランス語はもちろんの事、英語も上手く、オーベルシーでの英語の接客も行っています。塩田さんは過去に1年、英国に住んでいたものの、たった1年でこんなに上手くなるのかと僕は驚いていたところ、塩田さんは学生時代に翻訳家を目指しており、その当時は本気で語学に取り組んでいたそうです。しかし、翻訳は他人の作った物を手助けすると言う意味で物足りなく感じ、やがて靴好きが長じて靴職人を目指すようになったとの事です。


塩田さんの作業台

塩田さんは靴作りの全行程をこなせる職人さんですが、オーベルシーではラストとパターンメイキングをご自身で行い、以降の工程は基本的に外部の職人さんに委託しております。しかし、ご自身で行う事もあるそうで、工房内には製甲ミシンや、底付け用の工具も置いてありました。