山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2016年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月

Gaziano & Girling in London(ロンドンのガジアーノ&ガーリング)

トニー・ガジアーノさんとディーン・ガーリング

【Gaziano & Girling(ガジアーノ&ガーリング)】
住所:39 Savile Row, London
価格:ビスポーク・シューズ、VAT込で4,000£、VAT抜で3,335£。いずれもシュー・トゥリー込価格。レーザーカーヴィングは50£増。

ビスポーク・シューズは8-9ヶ月で完成。MTOは3-4ヶ月で完成。14年春にオープンした、ガジアーノ&ガーリングのロンドン店です。ビスポーク・シューズ注文希望の場合は要アポイント。MTOや既製購入の場合は、もちろんアポイント不要です。


ガジアーノ&ガーリングのスタッフ

左から、販売とパティーヌ担当のNeus Benavent(ニュウス・ベナヴェント)さん。創業者でデザイナーのTony Gaziano (トニー・ガジアーノ)さん。ショップマネージャーのStephen Williams(スティーヴン・ウィリアムス)さん。創業者で既製靴工場長のDean Girling(ディーン・ガーリング)さん。


ガジアーノ&ガーリングのロンドン店内

シンプルに構成された、モダンな店内。


ガジアーノ・ガーリングのロンドン店内

サンプルシューズとともに、壁には職人さんの写真が飾られています。


ガジアーノ&ガーリングのビスポークサンプル

ビスポーク・シューズのサンプル。「ハウスタイルはナローシェイプ」と、トニーさんの弁で、その言葉どおりの細身のフォルムですね。英国靴ながらも、フランス靴に見られるような遊び心もあるデザインも特徴です。