FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月

London bespoke shoemaking(ロンドンのビスポーク・シュー・メイキング)

靴職人さんのワークショップ

ロンドンのビスポーク・シュー・メイカーの場合、店内の工房で行うのはラストとパターン作成、クリッキングまで、またはクローズィング(アッパー作成)までで、その後の底付け作業、つまりインソール作成、釣り込み、掬い縫い、出し縫い、ヒールの取り付け、仕上げは外部の底付け職人(アウトワーカー)さんが行う事が多いです。例えば、現在は日本でご活躍中の福田洋平さんや、マーキスの川口昭司さんも、ロンドン時代はこの底付け担当のアウトワーカーさんでした。

そして僕は、ロンドンのビスポーク・シュー・メイカーのアウトワーカーを長年務めておられる靴職人さんの工房を伺い、その底付け方法をご説明頂きました。


靴職人さん使用ヒール用レザー

ロンドンのビスポーク・シュー・メイカーの場合、出来合いのパーツを加工して作るのではなく、パーツも一つ一つ手作りです。例えば、ヒールに積み上げる革はもちろん、トップリフト(ヒールの地面に接地する部分、トップピースとも言う)も、最初からゴムが付いたヒールの形をしたパーツではなく、上のような一枚の革を、職人さん自らハンドで切り出して作成します。ちなみに、こう言ったソール材に用いられる、革のタンナーはベイカーです。


靴職人さん使用ヒールラバー

ゴムは上のパーツを両足分に割って、切り出した革と合わせてトップリフトを作成するわけですね。


靴職人さん使用ウェルト

ウェルトも、あらかじめ漉かれていたり、ウィールが入っていたり、巻き込みやすいように刻みが入っていたり、掬い縫いのための溝が彫ってあったりの、出来合いは使われません。上のような細く切られただけの革を、職人さんが自分で加工して作ります。

「お店が部材をこの状態で送ってくるからね。あとは自分でやるんだよ」

自分で加工する分、もちろん手間はかかります。でも出来合いではない分、職人さんが加工できる範囲は広く、靴のスタイルに合わせたデザインを作りやすくなり、微調整もしやすくなります。ありとあらゆるスタイルを作るビスポークだからこそ、出来合いは不要と言う、ロンドンビスポーク・シューズ業界の考えなのかもしれません。

なお、ヨーロッパでも日本でも、出来合いパーツでビスポーク・シューズを作成しているメイカーは珍しくありません。


スポンサーサイト