FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月
      
≪ 前月 |  2016年03月  | 翌月 ≫

Hawick of cashmere town(カシミアの町、ホーウィック)

スコットランドの南、ホーウィックは世界的に有名なカシミアニットメイカーが集中しており、どこも店舗を併設しているため、カシミア製品がお手頃価格で買えます。もっとも、英国内では他所でもカシミア製品がセールになっているのを見かけますし、ネットショッピングも可能な昨今ですが、ホーウィックはのどかで観光にも良いので、ご紹介させて頂きます。なお、それぞれのお店は徒歩移動可能圏内です。


ジョンストンズ・オブ・エルギンの店舗

【Johnstons of Elgin(ジョンストンズ・オブ・エルギン)】
住所:Eastfield Mills, Mansfield Road, Hawick

ここは事前に申し込めば工場見学ツアーも可能です。カフェを併設している事もあって、のんびりできます。カシミアやウール製品のみならず、ヴィクーニャ100%製品やカシミヤ用洗剤もありました。全てがセール品ではなく、一部は定価どおりです。


ジョンストンズ・オブ・エルギンのヴィキューナ

ヴィクーニャ100%のスカーフは650£、ストールは1,150£。


ジョンストンズ・オブ・エルギンの店内

店内は他と比べて広めです。





ホーウィックカシミアの店舗

【Hawico(ホイコ)】
住所:Mill Shop & Visitor Centre, Arthur Street, Hawick

ここも全てがセール品ではなく、一部は定価どおりでした。なお、僕が伺った際は、ショーウィンドウに「Hawico(ホイコ)」ではなく、「Hawick Cashmere of Scotland(ホーウィック・カシミア・オブ・スコットランド)」と表記されていました。


ホーウィックカシミアの店内

店内の様子です。


ホーウィックカシミアのホールガーメント

店内から工場の様子が見られるようになっており、以前にも書きましたが、ニットの編み上げに使われているのは島精機製作所のホールガーメントです。そして、ここ以外にも同社のホールガーメントを使っているホーウィックのカシミアセーター工場がありました。


スポンサーサイト