FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月

ENGLISH CUT and Linton Tweeds in Cumbria(カンブリアのイングリッシュ・カットとリントン・ツイード)

トーマス・マホンさんのカッティング

【ENGLISH CUT(イングリッシュ・カット)】
住所:14-16 Market Place, Brampton, Cumbria
価格:ビスポーク・スーツ、2,800£~(VAT別)。

仮縫い2回以上、2・3ヶ月で完成。あらかじめアポイントを取れば、ロンドンでの注文も可能。以前にもご紹介した、元アンダーソン&シェパードのカッター、Thomas Mahon(トーマス・マホン)さんのビスポーク・テイラーです。オンラインオーダーによる日本製MTMスーツもあります。ビスポークの使用生地はほとんどが英国製で、わずかにイタリア製。MTMは英国製生地のみ。


トーマス・マホンさんとポール・グリフィスさん

オーナー兼カッターのThomas Mahon(トーマス・マホン)さんと、左がテイラー(裁縫師)のPaul Griffiths(ポール・グリフィス)さん。グリフィスさんはかつて、マホンさんとともにアンダーソン&シェパードにて15-16年ほどコート・メイカーを務めておりました。アンダーソン&シェパードの縫製方法をマスターしている方が作るのも、イングリッシュ・カットの大きな強みですね。そしてもちろん、イングリッシュ・カットはアンターソン&シェパードらしい、柔らかなドレープとショルダーがハウススタイルです。


トーマス・マホンさんとテッド・ルイスさん

そして、僕が伺った当時は弱冠17歳の職人、Edd Lewis(エッド・ルイス)さん。アウトワーカーさんを含めて、合計9人で作っているそうです。


トーマス・マホンさんのカッティング

マホンさんのカットの様子。断っている身頃のパターンをご覧頂けるとおり、基本的には細腹は取らないのがマホンさん流。アンダーソン&シェパードと同様ですね。そして、アームホールが大分小さく、いかにも動きやすそうです。


スポンサーサイト