FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月
ARCHIVE ≫ 2016年03月

David Young and O'Máille in Galway(ゴールウェイのデヴィッド・ヤングとオモーリャ)

デイヴィッド・ヤングさんの作業

【David Young(デヴィッド・ヤング)】
住所:7 Francis Street, Galway
価格:ビスポーク・スーツ、1,600ユーロ~。

仮縫い1回。1ヶ月で完成。ダブリンのロニー・ジョンストンさんが、ゴールウェイのお薦めのテイラーと、僕に教えて下さったテイラーさんです。


デイヴィッド・ヤングさん

店主のDavid Young(デヴィッド・ヤング)さんはダブリン出身で、僕が訪問時は67歳。10代後半から20代前半にかけて、かつてサヴィル・ロウにあったビスポーク・テイラー、ピーター・ムーアにて5・6年ほどコートメイカーとして修行後、アイルランドのテイラーでも勤務し、ゴールウェイにて独立開業されました。全工程をお一人で行っております。

「ピーター・ムーアは自分にとって最高のテイラーだ。あとはハンツマン、ヘンリー・プール、キルガーが良かったね」ともお話されていました。サヴィル・ロウで働いていた頃は、日本人客も多かったとの事。ケーブルテレビで日本のニュースを見たりもするそうで、京都がお好きで、さらに「Gaijin(外人)」と日本語で話していました(笑)。


デイヴィッド・ヤングさんのサンプル

ヤングさんのサンプル。肩を高い位置に持って来るのがスタイルとの事で、柔らかい作りが身上。肩パッドも薄い物を用いると話しておられました。
論より証拠と、ヤングさんはこのジャケットを試着させて下さいまして、確かに軽い着用感で、そして僕にはやはりサイズが合ってないものの(笑)、それでも襟が抜けない立体的な作りでした。


デイヴィッド・ヤングさんのレディースサンプル

こちらはレディースです。太めのお客に作ったとの事でした。


デイヴィッド・ヤングさんのアイロンワーク

多くのビスポーク・テイラーさんはスティームアイロンを使いませんが、ヤングさんも同様に、手にしているアイロンもスティームアイロンながら、スティーム機能は止めて使っておりました。スティームアイロンだとくせ取りがしづらいとの事。


スポンサーサイト