山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年03月

Bower Roebuck and W.T.Johnson & Sons in Huddersfield(ハダースフィールドのバウワー・ローバックとW.T.ジョンストン&サンズ)

バウワー・ローバック入口

【Bower Roebuck(バウワー・ローバック)】
住所:Glendale Mills, New Mill, Huddersfield, West Yorkshire

スキャバルの傘下にあるミルで、やはりスキャバルにも多く生地を織っております。何より、スキャバルの超高級生地、例えば、ゴールド・トレジャー、ラピス・ラズリ、ダイヤモンド・チップなどは全てここ製で、そう言った繊細な生地を作れるのが、この会社の売り物ですね。何でも、バウワー・ローバックでは、02年に付近を流れる川の氾濫があって6ヶ月間操業停止となってしまい、それをきっかけに400万£もの設備投資を行い、モダン路線に切り替わったそうです。新しい機械だからこそ、新開発される超高級生地も織れると言う事ですね。やはり高級路線と言う事でしょうか、化繊は扱わず、全て天然素材による生地です。もちろん、スキャバルだけでなく、フィンテックスやダンヒル、ラルフ・ローレン、プラダなど、他のマーチャントやアパレル会社にも生地を織っています。
なお、上画像をご覧頂けるとおり、サヴィル・クリフォードは姉妹会社です。


バウワー・ローバックの社長さん

工場を案内して下さった、社長のRonald Hall(ロナルド・ホール)さん。御幸毛織の英国法人である、MINOVA(ミノヴァ)のデザイナーとしてキャリアをスタートされたそうで、今でも日本に出張される事もあり、日本の生地事情もよくご存知でした。


バウワー・ローバックの精紡

生地製作については、以前に書いた、ハリスツイード・ヘブリディーズの工場とも比べると面白いかもしれません。まずは、既にある程度まで形になっている糸に、撚りをかけていきます。


バウワー・ローバックの巻上げ

完成した糸を、必要な分だけ巻き取ります。


バウワー・ローバック糸作成

経糸となる糸を、生地に応じて並べ(整経)、織り上げる準備にかかります。


バウワー・ローバックの日本の機械

そしてなんと!この整経機は日本の会社製でした。「SUZIKI」と書かれていますね。