山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2016年01月 ≪  1234567891011121314151617181920212223242526272829 ≫ 2016年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年02月

Breanish Tweed and Lewis Loop Center in Isle of Lewis(ルイス島のブレニッシュ・ツイードとルイス・ループ・センター)

ブレニッシュ・ツイードの店内

【Breanish Tweed(ブレニッシュ・ツイード)】
住所:5 Adabrock, Port of Ness, Isle of Lewis

ルイス島にあるツイードメイカーの一つで、日本でも取り扱いがございます。ウールの中でも柔らかい種類である、シェットランドウールを多く使用し、他にもラムズウール、カシミア、シルク、ヴィキューナと、やはり柔らかな素材を用いてます。つまり、昔ながらのザックリとした粗い感触のツイードとは違う、しなやかで軽量なツイードが特徴のミルです。


ブレニッシュ・ツイードのイアンさんとお母様

左が代表で、職人でもあるIain Finlay Macleod(イアン・フィンリー・マックロード)さん。イアンさんはなんと、舞台やテレビの脚本家でもある多才な方です。イアンさんはお仕事のため、東京をはじめ、日本各地も何度か訪れており、「熱海の温泉は良かった」、「焼酎が好きだね」とも話しておられました(笑)。
右はイアンさんのお母様で、デザイナーを務めるChristina(クリスティーナ)さん。お父様もツイード織の職人で、妹様もデザイナーを務めるファミリービジネスです。


ブレニッシュ・ツイードのサンプル

ツイードのサンプル。見比べやすいように、あえて各所で色分けして織っております。昔ながらのツイードは重い色目が多いですが、ブレニッシュ・ツイードではご覧のように明るい色も多いです。


ブレニッシュ・ツイードのサンプル

こちらもサンプルで、やはり各所によって色が違い、そして素材も違います。カシミア混もあれば、シルク混、ヴィクーニャ混もあり、こう言った高級素材ならでは柔らかさと、艶のある風合いもブレニッシュ・ツイードの特徴ですね。


ブレニッシュ・ツイードのヴィクーニャ

そして、この黄土色の箇所はなんと!ヴィクーニャ100%のツイード!ブレニッシュ・ツイードらしい製品で、ヴィクーニャならではのぬめり感がありました。もちろん、お値段も1mあたり1,000£と高額です(笑)。