FC2ブログ

山下大輔 Weblog Version

… 山下大輔 web versionのサイト更新報告 山下大輔の日記 …
2015年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年01月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年12月

Ерохин & Sons and Алексе́й Козло́в in Saint Petersburg(サンクト・ペテルブルクのエロヒン&サンズとアレクセイ・コズロフ)

イェロヒン&サンズの受付

【Ерохин & Sons(Erohin & sons、エロヒン&サンズ)】
住所:Bolshaya Pushkarskaya ul. 34, St Petersburg
価格:ビスポーク・スーツ、60,000ルーブル~+生地代5,000ルーブル~。MTMは30,000ルーブル~+生地代。
ビスポーク・シャツは10,000ルーブル~+生地代3,000ルーブル~。

スーツは仮縫い2回以上。1ヶ月前後で完成。採寸は30箇所以上行うそうです。MTMはパリの会社で製造はルーマニアのLouis Purple(ルイ・パープル)製で、仮縫いなしで6~8週間で完成。英語可能な方は一人いらっしゃいます。

ロシアの生地商、「ТИССУРА(TISSURA、チスラ)」が抱えていたテイラーでして、僕が伺った当時も、店名は「ТИССУРА(TISSURA、チスラ)」で、住所はBolshoy prospekt PS, 86、St Petersburgだったのですが、今年5月にチスラより独立し、現在の場所に移転されました。ですので、移転に伴い、情報にも変更がある可能性もご了承下さい。


オレグ・イェロヒンさん

マスターテイラーを務める、Олег Ерохин(Oleg Yerokhin、オレグ・イェロヒン)さん。第二次世界大戦後、ソ連のウラル山脈地方にはヨーロッパから抑圧された人々が多くいて、その中には良いテイラーも含まれており、イェロヒンさんご一家はそう言った中の一人だそうです。


ヴァレンティン・イェロヒンさん

息子さんで、87年生まれの職人、Валентин Ерохин(Valentin Yerokhin、ヴァレンティン・イェロヒン)さんは、ロシアの若手テイラーによるコンペティションで1位にもなった事があるそうです。


オレグさんと奥様

オレグさんと奥様。奥様も職人さんです。


オルガさん

英語で通訳して下さった、マネージャーのОльга(Olga、オルガ)さん。


イェロヒン&サンズのスキャバル

生地商のテイラーだったため、スキャバルのラピス・ラズリ、Super250'sのサミット、Super200's&ヴィクーニャのザ・スター、ダイヤモンド・チップ、ゴールド・トレジャー、オーキッドなど、なかなか見られない超高級生地も揃うのが強みです。


アニオナのヴィクーニャ

やはり超高級生地の、アニオナのヴィクーニャもあります。


シャツ生地

シャツ生地も豊富です。


イェロヒン&サンズキルトのライニング

なんと、ライニングにはエトロの生地も使えるそうです。通常、エトロの生地はあったとしてもバンチだけで、反物も置いているのは自分たちだけとお話されていました。


スポンサーサイト